【アメリカ】UPS、電気トラックをWorkshorseと共同開発。2019年以降に50台導入目指す

Facebook Twitter Google+

 輸送世界大手米UPSは2月22日、電気商用車Workhorse Groupと連携し、電気トラック50台を導入すると発表した。導入コストは、助成金なしの状態で、既存の化石燃料車両と同等を目指す。導入すると配送プロセスでの二酸化炭素排出量をゼロにできる。  UPSは、新型電気トラックを夜間に充電し、昼間に配送業を担う計画。Workhorseは新型車両の開発に4年を費やしてきた。同社によると、新型車両の燃費効率は従来より400%高く、エネ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る