運営会社

Sustainable Japanは、企業のサステナビリティ・グローバルビジネスを支援する株式会社ニューラルが運営しています。

会社名 株式会社ニューラル
英名表記 Neural Inc.
設立 2013年7月
事業内容 サステナビリティ戦略コンサルティング
ESG投資アドバイザリー
サステナビリティ情報発信プラットフォーム運営
代表者 代表取締役CEO 夫馬賢治 Kenji Fuma

所属
・ハーバード大学大学院サステナビリティ・環境マネジメント専攻
・Responsible Investorメンバー
・英国IEMA認定サステナビリティ(CSR)プラクティショナー
・Social Value Internationalメンバー

過去の講演
・早稲田ビジネススクール 2017年11月
 「グローバル経営とサステナビリティ」
・サステナビリティ・プラクティショナー研修 2017年10月
 「ESGインデックスとIRを正しく理解する」
・三菱総合研究所・未来共創イノベーションネットワーク・金融部会 2017年6月
 「海外インパクト投資の動向」
・350.org Japan Earth Choice Festa 2017年5月
 「気候を守るエシカルビジネス」トークセッション
・セミナー@衆議院第一議員会館 2017年4月
 「石炭火力発電所の経済的リスク」
・神戸CSR研究会 2017年4月
 「金融安定理事会の気候関連財務情報開示タスクフォース最終報告書案と今後のリスク評価に向けた考察」
・国際資源エネルギー学生会議フォーラム 2016年12月
 「エネルギーシフトを支援する金融のあり方」
・全国シンポジウム 市民が進める温暖化防止2016 2016年12月
 「気候変動リスクとダイベストメント」
・Fair Financeセミナー 2016年9月
 「欧米の金融機関が認識する座礁資産リスクとダイベストメント(投資撤退)の最新動向」
・株式会社環境管理会計研究所 2016年7月@東京
 「アセットクラスとESG投資手法」
・株式会社環境管理会計研究所 2016年6月@大阪
 「アセットクラスとESG投資手法」
・Earth Day 2016@代々木公園 2016年4月
 「金融リスクと地球温暖化:ダイベストメントって何?」
・一般社団法人企業研究会 2015年12月
 「欧米における非財務情報開示・レポーティング・ESG投資の最新動向」
・一般社団法人ソーシャルプロダクツ普及推進協会 2015年12月
 「マクロ視点で振り返る2015年のソーシャル」
・神戸CSR研究会 2015年7月
 「各アセットクラスにおけるESG投資の海外動向」

資本金 5,000,000円
加盟団体 国連責任投資原則(UNPRI)署名企業
pri-sig-web
会社URL http://neural.co.jp/

プロジェクトチーム

Sustainable Japanは、下記企業による共同プロジェクトとして運営されています。

neuralimagemillarinoslogo-150x150

株式会社ニューラル

Sustainable Japanのプロジェクト統括・コンテンツ企画・ディレクションを担当。

ImageMILL

ブランド戦略・ロゴ制作・映像・クリエイティブなどブランドプロデュース全般を担当。

株式会社Arinos

フィリピン開発拠点子会社のBeenest Technology Solutions社にてシステム開発を担当。