Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【3/24, 25@東京 資格講習】英国CMI認定サステナビリティ(CSR)プラクティショナー資格講習を開催!

Facebook Twitter Google+

グローバル企業に必須のCSRとは?第14回英国CMI認定サステナビリティ(CSR)プラクティショナー資格講習  世界のCSR/サステナビリティ分野では非常に大きな動きが起きています。欧米の先進企業は、地球規模で発生している気候変動などの環境課題への対応、またサプライチェーンを取り巻く環境問題、そして人権問題に対応するために、地球課題としての持続可能な開発目標(SDGs)や2030アジェンダをも踏まえたCSR/サステナビリティの取り組み [...]

» 続きを読む
2017/03/07 行動する

【3/15 セミナー@東京】ビジネスと人権 ~身近な問題から考え、自社が取り組むべきことを理解する~

Facebook Twitter Google+

『ビジネスと人権 ~身近な問題から考え、自社が取り組むべきことを理解する~』  「人権」と聞いて何をイメージしますか?  「また新しく取り組まないといけない課題が出てきた。」  「概念が抽象的で何をしたらいいかわかりにくい。」  「途上国の問題、グローバル企業の問題。」  そのような印象を持たれる方も多いのではないでしょうか。  特に日本では、日常生活であまり意識することはないと思います。ただ「人権」は、グローバル企業だけの課題ではな [...]

» 続きを読む
2017/02/17 行動する

【2/1, 6@東京, 大阪 セミナー】途上国ビジネス成功の条件 -SDGsをビジネスチャンスに-

Facebook Twitter Google+

 2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」では、企業等とのパートナーシップを通じた開発課題の解決がゴール17として設定されました。また、同年のG20(トルコ)においても、途上国開発における官民連携、なかでも「インクルーシブ・ビジネス」の重要性が明示されるなど、ビジネスを通じた開発課題解決への貢献が、国際的な潮流として強まっています。  この度、独立行政法人国際協力機構(JICA)は、国連開発計画(UNDP)、グロ [...]

» 続きを読む
2017/01/26 行動する

【3/10, 11@東京 研修】「ビジネスと人権」研修の開催

Facebook Twitter Google+

 英国の調査機関のレポートによると、世界における人権侵害は、2008年から70%も上昇し、労働者の権利侵害は深刻化しています。このような状況下で、企業が関わる人権の問題は、国境を越えサプライチェーン上においてもカバーしなければならない最重要項目となっており、海外において人権侵害を訴えられ、NGOなどから非難されることも実際に起こっています。  2011年6月に国連人権理事会にて「ビジネスと人権に関する指導原則」が承認され、この国際的な [...]

» 続きを読む
2017/01/22 行動する

【1/19@東京 セミナー】2017年 年初に考える~これからの時代をどうサバイバルするか

Facebook Twitter Google+

 2016年は、世界で、そして日本でも、さまざまなことが起きた年でした。世界情勢でいえば、ブレクジットやアメリカでのトランプ政権の誕生、持続可能性の分野でいえば、パリ協定の早期発効もありました。  日本でも、北海道・東北への台風上陸のほか、気候変動の影響が各所に出始めているように思われます。働き方改革と政府は旗を振りますが、社会の格差や貧困は悪化しています。エネルギー政策やカジノに頼ってまで成長続けようとする経済政策など、本来あるべき [...]

» 続きを読む
2016/12/20 行動する

【2/9, 2/10@東京 研修】「CSRブランディング」研修(超入門編・実践編)

Facebook Twitter Google+

ビジネスと社会課題解決を両立させ、‘らしさ’で競争優位を創り出す 待望の戦略メソッド  現代のように変化の激しい経営環境においてこそ、企業は現代社会の要請や期待を的確に捉え、持続的な成長・中長期の企業価値向上に結びつけていく経営が求められています。  CSR(企業の社会的責任:Corporate Social Responsibility)は、ここ数年で格段の進化を遂げてきています。従来の「社会貢献活動」や「リスク対応型CSR」から、 [...]

» 続きを読む
2016/11/24 行動する

【12/3, 12/4@京都 シンポジウム】全国シンポジウム「市民が進める温暖化防止2016」

Facebook Twitter Google+

※本シンポジウム分科会には、Sustainable Japan運営、株式会社ニューラル代表取締役 夫馬賢治も登壇します。  歴史的な「パリ協定」の合意から1年。世界はどう変わった?どう変える?  近年、観測史上最高気温の記録を更新し続けており、極端な気候災害が世界各地で増え、日本でも大きな被害がでています。危険な温暖化を防ぐため、2015年12月、国連会議COP21で、世界の温室効果ガス排出量を実質ゼロにすることをめざすパリ協定が合意 [...]

» 続きを読む
2016/11/24 行動する

【11/29@大阪 セミナー】2025年を見据えたCSRコミュニケーション

Facebook Twitter Google+

2025年を見据えたCSRコミュニケーション~10年後のCSR・非財務情報の開示の在り方から、今できることとは~ パリ合意に基づき2050年が意識され、SDGsの採択を受け2030年がマイルストーンとなっています。 では、CSRコミュニケーションの10年後はどうなっているのでしょうか? GRIの「レポーティング2025プロジェクト」で触れられている、「これからのサステナビリティ情報の発信」について紐解きながら、今できることは何か、一緒 [...]

» 続きを読む
2016/11/24 行動する

【12/9@大阪 12/13@東京 セミナー】組織ガバナンス強化に向けて~コーポレートリスクの視点から見たマネジメント~

Facebook Twitter Google+

 昨今、様々な業種業界で、組織がサイト単位や組織単位で個別に取得しているISOの認証を統一し一本化(統一認証=マルチサイト化)する傾向が強まっています。この背景にはビジネストレンドである「ガバナンスの強化」と「外部コストの低減」を実現したいという狙いがあるといえます。また、マネジメントシステムの効率的運用という視点からは、複数のシステムを統合的に運用し、審査も統合(複合・同時)で受審する試みもみられます。統一認証、システムの統合化は非 [...]

» 続きを読む
2016/11/15 行動する

【12/8@東京 イベント】 「ゆりかごからゆりかごへ」と建築

Facebook Twitter Google+

 生産消費活動から廃棄物と言うものを無くし持続可能で成長可能なサーキュラーエコノミーによる社会形成を目指す「ゆりかごからゆりかごへ」のデザインフィロソフィーをテーマに取り上る講演会を開催します。  ゴミに対しての視点を転換し、生物由来の材料の重要性を唱えるオピニオンリーダーをオランダとイギリスより迎え、認証制度としての「ゆりかごからゆりかごへ」およびLEEDやBREEAMなどとの協働イニシアティブの現状、また Venlo City H [...]

» 続きを読む
2016/11/15 行動する
ページ上部へ戻る