【オランダ】最高裁、エクアドルによるシェブロン提訴を棄却。ハーグ常設仲裁裁の判決支持

Facebook Twitter Google+

 オランダ最高裁判所は4月19日、長年に渡って続いているエクアドル政府とエネルギー大手シェブロンの裁判闘争事案について、国際法に基づきハーグ常設仲裁裁判所(PCA)が下したシェブロン勝訴を不服としエクアドル政府が起こした提訴を棄却し、シェブロン側が勝訴した。  今回の一連の係争は、現在シェブロン子会社のTexPetが、かつてエクアドルのアマゾン熱帯雨林地域の先住民土地に有害原油廃棄物数十億ガロンを意図的に廃棄し、先住民側の損害を与えた [...]

» 続きを読む

【韓国】政府、第3次エネルギー基本計画案公表。原発・石炭火力縮小。再エネ30-35%に大幅引上げ

Facebook Twitter Google+

 韓国産業通商資源部は4月19日、2019年から2040年までのエネルギー計画を示した「第3次エネルギー基本計画」案を公表。再生可能エネルギー発電割合目標を、2017年宣言の20%から大幅に引き上げ、2040年に30%から35%とする案を示した。一方、原子力発電については、割合目標は示さなかったが、新増設は止め、既存の原子力発電所も縮小していくという緩やかな脱原発方針を盛り込んだ。 【参考】【韓国】韓国水力原子力、猛暑のため今夏原発2 [...]

» 続きを読む

【国際】モーニングスター、46ヶ国企業対象の国別サステナビリティスコア発表。日本は中の下

Facebook Twitter Google+

 金融情報提供世界大手米モーニングスターは4月15日、モーニングスターが提供するESG株式インデックス・ファミリー「Morningstar Sustainability Index」が対象市場としている46ヶ国の上場企業について、ESGの各々と気候変動リスクの評価を実施。それを国ごとに集約したスコア「Morningstar Sustainability Atlas」を発表した。評価データは、モーニングスター傘下のSustainalyt [...]

» 続きを読む

【日本】国際環境NGO50団体、安倍首相へ脱石炭火力を求める全面意見広告をFTに掲載

Facebook Twitter Google+

 日本及び海外の環境NGO50団体は4月18日、安倍晋三首相に対し、気候変動対策を強化し、石炭火力から脱却するよう求める全面意見広告を、英紙フィナンシャル・タイムズに掲載した。安倍首相は、同紙に2018年9月24日に寄稿し、「地球を救うために日本とともに行動しよう(Join Japan and act now to save our planet」というメッセージを世界に発信していたが、それを逆手に取る意見広告となっている。  今回の [...]

» 続きを読む

【オランダ】政府、グリーンボンド国債発行発表。5000億円から7500億円。世界9カ国目

Facebook Twitter Google+

 オランダ財務省国庫庁(DSTA)は4月8日、同国初となるグリーンボンド国債を5月21日に発行すると発表した。発行額は40億から60億ユーロ(約5,000億円から約7,500億ユーロ)。年限20年。Sustainalytics(サステイナリティクス)がセカンドオピニオンを提供。加えて気候債券イニシアチブ(CBI)のCBI認証も取得した。信用格付AAAが出す世界初のグリーンボンドとなる。  DSTAは、グリーンボンド発行に際し、「グリー [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ブルームバーグ慈善財団、国連気候変動枠組条約事務局に6億円寄付。支援2年目

Facebook Twitter Google+

 金融端末世界大手米ブルームバーグ創業者マイケル・ブルームバーグ氏の慈善財団ブルームバーグ・フィランソロピーズは4月22日、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局に550万米ドル(約6億円)寄付した。ブルームバーグ氏は、米国のパリ協定脱退を受けた拠出金額減少分を自身で補うことを昨年表明。今年も2年目の資金拠出を行った。  UNFCCC事務局は各国からの拠出金で運営されている。拠出金は、UNFCCC、京都議定書、パリ協定に関する活動 [...]

» 続きを読む

【日本】日本マイクロソフト、8月に週休3日制導入。自己成長や私生活充実、地域貢献プログラムも用意

Facebook Twitter Google+

 日本マイクロソフトは4月22日、自社の働き方改革の加速に向けて、今年と来年の8月を週休3日制にするトライアルを実施すると発表した。同社は、社員一人一人が、仕事(ワーク)や生活(ライフ)の事情や状況に応じた多様で柔軟な働き方を自らがチョイス(選択)できる環境を目指す「ワークライフチョイス」を掲げており、その一環。全ての金曜日を休業日とし、正社員は特別有給休暇を取得し、全オフィスをクローズする。  また、同社は週休3日にするるだけでなく [...]

» 続きを読む

【ルクセンブルク】政府、国際サステナビリティ金融センター団体FC4Sに資金拠出。日本都市の加盟ゼロ

Facebook Twitter Google+

 ルクセンブルク政府は4月12日、サステナブルファイナンスを推進する世界都市ネットワーク「サステナビリティのための金融センター(FC4S)」に対し、50万米ドル(約5,600万円)の資金拠出することでFC4Sと合意した。ルクセンブルクは、発足当初からメンバーだが、新たに資金を拠出し、活動をサポートする。  FC4Sは、国連環境計画(UNEP)が2017年9月に世界の主要金融都市を集め宣言した「サステナビリティのための金融センターに関す [...]

» 続きを読む

【アジア】日韓台、シラスウナギ池入上限を据え置き。中国が会議に不参加で引下げできず

Facebook Twitter Google+

 日本、韓国、台湾の3カ国政府は19日、「ウナギの国際的資源保護・管理に係る非公式協議」の第12回会合を開催。絶滅危惧の可能性のあるニホンウナギの資源管理を議論したが、5年連続で中国政府が欠席したため、ニホンウナギの稚魚(シラスウナギ)の池入数量上限の引下げができないまま会議を終了した。日本からは水産庁が出席している。  うなぎは日本が世界の消費大国で、国内での供給量は1985年ごろから輸入が増加。2000年には約16万tが供給されて [...]

» 続きを読む

【モンゴル・フィリピン】UNEP、人力小規模金採掘での水銀フリー工法導入プログラム発足

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画(UNEP)は4月5日、モンゴルとフィリピンで、人力小規模金採掘(ASGM)現場で水銀使用を削減するイニシアチブを開始すると発表した。金採掘では、岩石から金を抽出するために過去水銀が用いられてきたが、水銀は水俣病で知られるように人体への悪影響が大きい。先進国では金採掘での水銀使用は禁止される傾向にあるものの、人力小規模金採掘での人力鉱区では未だに鉱員が水銀暴露状態にある。世界の金の20%はASGMで採掘されている。  今 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る