【国際】中銀・金融当局連合NGFS、金融機関監督にTCFD盛り込む提言発表。ブラウン・タクソノミーも

Facebook Twitter Google+

 気候変動に関する金融リスクを検討するための中央銀行・金融当局ネットワーク「気候変動リスクに係る金融当局ネットワーク(Network for Greening the Financial System;NGFS)」は4月17日、検討結果をまとめた報告書を発表した。EUが進めている気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)提言の金融監督行政への反映へ、低炭素経済分野のタクソノミー(定義)を支持するとともに、中央銀行自身の投資ポートフ [...]

» 続きを読む

【国際】自然資本金融推進NCFA、農業融資の自然資本リスクアセスメント実践ガイダンス発表

Facebook Twitter Google+

 自然資本分野の国際金融業界団体「Natural Capital Finance Alliance(NCFA)」は4月15日、農業向けの自然資本信用リスクアセスメントの実践ガイダンス「Natural Capital Credit Risk Assessment in Agricultural Lending」をリリースした。農業に対しては、気候変動や人間による生態系破壊の影響が年々増加しており、これへの対応を大きく念頭に置いている。 [...]

» 続きを読む

【北欧】北欧閣僚理事会、海洋プラスチック問題への対策強化で合意。国連環境総会での議論もリード

Facebook Twitter Google+

 ノルウェー気候・環境相、フィンランド環境・エネルギー・住宅相、アイスランド環境・自然資源相、デンマーク環境・食糧相、スウェーデン気候変動大使、北欧閣僚理事会事務総長は4月10日、海洋プラスチック問題への対応策のため、プラスチック廃棄物の発生削減と防止に関する国際合意を目指す考えでまとめた共同声明を発表した。海洋プラスチック問題は、漁業、海運業、屋外レジャー産業、観光業等に悪影響を及ぼすとした。  今回の共同声明は、海洋プラスチック問 [...]

» 続きを読む

【日本】セブン&アイHD、セブンカフェで生分解性プラスチック導入。カネカPHBH

Facebook Twitter Google+

 セブン&アイ・ホールディングスは4月15日、2019年秋頃からセブン-イレブン等で販売する「セブンカフェ」用のストローを生分解性プラスチックを導入すると発表した。全面切り替えか、一部導入かは、プレスリリースでは明かさなかった。製品は、カネカの「カネカ生分解性ポリマーPHBH」を採用した。  PHBHは、海水中で生分解する。原料は、微生物が植物油を摂取しポリマーとして体内に蓄えたものを抽出したもの。微生物を培養して生産され、自然界で微 [...]

» 続きを読む

【イギリス】ディアジオ、缶パック販売でのプラスチック梱包を紙製に切り替え。プラ使用量削減

Facebook Twitter Google+

 飲料世界大手英ディアジオは4月15日、主力製品のギネス、Harp、Rockshore、Smithwick’s製品の缶パック販売で、プラスチック製の梱包材を使うことを止め、100%リサイクル可能で生分解性のあるダンボール素材に切り替えると発表した。8月からアイルランドで導入し、英国含む他の市場では2020年から導入する。現在同社の梱包素材のうちプラスチックは5%。今回プラスチック使用削減の一環として使用をやめることで年間400tのプラ [...]

» 続きを読む

【国際】PRI、企業のESG報告検討グループ発足。質向上や各スタンダードの収斂、財務会計への導入等

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は4月15日、企業のESG報告改善のためのグループ「企業報告レファレンス・グループ」を新設したと発表した。署名機関から委員を募る。  今回のグループは、活動の目的として、ESG報告の質向上、企業報告に関するスタンダードの収斂化、SDGsやインパクト測定・報告に関するスタンダードの策定への貢献、財務会計にESG課題を織り込むためのイノベーティブな活動、政府関係者へのエンゲージメントの5つを設定した。  参加申 [...]

» 続きを読む

【イギリス】イングランド銀行健全性監督機構、TCFDの法制化決定。銀行と保険会社に情報開示義務

Facebook Twitter Google+

 英金融規制当局のイングランド銀行健全性監督機構(PRA)は4月15日、銀行と保険会社に適用する気候関連財務リスクマネジメントのための政策アプローチを最終決定した。2018年10月にパブリックコメント募集を開始し、寄せられたコメントにも回答した。 【参考】【イギリス】金融当局PRAとFCA、金融機関や上場会社の気候変動新規制案発表。パブコメ募集(2018年10月19日)  PRAの規制の対象は、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】OECD、2019年対日経済審査報告書発表。消費税26%引上げを示唆。CCUS過渡依存はリスク

Facebook Twitter Google+

 経済協力開発機構(OECD)は4月15日、対日経済審査報告書を発表。急速に進む高齢化と高い政府債務の状況を憂慮。歳出増加を抑制するには、医療・介護に焦点を当てるとともに、世代間公平性が高く財源安定性も高い消費税での増税を図り、税率を20%から26%まで引き上げるべきと提言した。  同報告書では、日本政府は2025年度までの基礎的財政収支(プライマリーバランス)黒字化を目標としたが、ここ数年は方向感を見失っていると警告。世界経済の不確 [...]

» 続きを読む

【国際】ILO、電子廃棄物リサイクル労働者の有害化学物質リスクを指摘。政府と企業に対応要請

Facebook Twitter Google+

 国際労働機関(ILO)は4月9日から11日、電子廃棄物(e-waste)に含まれる有害化学物質を管理するための国際ダイアログ・フォーラムをスイス・ジュネーブで開催。参加した政府、経済団体、労働組合の間で、政府及び企業に対応強化を求める合意文書を採択した。  今回の採択書では、電子廃棄物はサーキュラーエコノミー推進のためにリサイクルが求められる一方、現状は電子廃棄物の処理を扱う劣悪労働環境に置いて、労働者が大きな有害化学物質リスクにさ [...]

» 続きを読む

【イギリス】マクドナルド、制服や店舗清掃具から脂肪成分回収しバイオ燃料に。Mieleと共同開発

Facebook Twitter Google+

 ファーストフード世界大手米マクドナルドは4月11日、英国全1,300店舗からの清掃過程で生じる廃水に含まれる脂肪成分を削減し、排水路で脂肪の塊を発生させることを防止する取組を、産業用洗浄機大手Mieleと協働すると発表した。排水路は地方政府の管理下だが、脂肪の塊は水路を詰まらせる原因となる。回収した脂肪成分は車両用のバイオ燃料として活用し、バイオ燃料を20%増加する。  マクドナルドから排出されている脂肪成分は、直接排水口に流されて [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る