private 【イギリス】政府、原発廃炉ロボットアーム開発で東京電力に17億円助成。将来の核融合炉でも

Facebook Twitter Google+

 英ビジネス・エネルギー・産業戦略省の英原子力公社(UKAEA)とUKリサーチ・イノベーション(UKRI)は1月20日、原子力発電所の廃炉に関するロボティクス及びオートメーションの分野で、東京電力ホールディングスに4年間で1,200万ポンド(約17億円)の助成金を提供する発表した。  今回のロボティクス開発は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】人権NGOヒューマンライツ・ナウ、IUU漁業対策で水産大手11社に調査票送付。中国での奴隷労働受け

Facebook Twitter Google+

 東京に本拠を置く国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ(HRN)は1月20日、2020年5月に発覚した中国籍漁船「Longxing 629」でのインドネシア人移民労働者に対する奴隷状態の強制労働問題を踏まえた水産業界の現状報告書を発表するとともに、日本大手11社を対象とした人権方針に関するアンケートを調査を開始すると発表した。  Lonxing 629での事件では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】コンシューマー・グッズ・フォーラム、パーム油の人権侵害撲滅でNGOや政府に協力呼びかけ

Facebook Twitter Google+

 食品・消費財大手や小売大手が加盟する国際的な業界団体コンシューマー・グッズ・フォーラム(CGF)は1月21日、パーム油の生産とサプライチェーンに関連している環境課題と社会課題への確たるコミットメントを発表した。背景には、AP通信が2020年11月、インドネシアのパーム油農場で、女性へのレイプや虐待が今も起きており、パーム油生産大国のインドネシアとマレーシアでは「インビジブル・ウーマン」という形で、表面化しない女性への人権侵害に対する [...]

» 続きを読む

【EU】欧州議会、香港、トルコ、ベトナムの人権抑圧で非難決議。制裁発動やFTAでの影響行使を要請

Facebook Twitter Google+

 欧州議会は1月21日、人権問題で、中国・香港、トルコ、ベトナムの各政府に対する非難決議を可決した。EUの個人制裁制度や自由貿易協定を通じたEUとしての影響力行使を要請した。  香港については、2021年に逮捕された民主主義団体や活動家の代表と、香港国家安全維持法違反で勾留されている全ての人の即時無条件釈放を要求。また、黄之鋒、林朗彦、周庭の3者を含む香港の平和的活動家についても、容疑を撤回するよう要求した。  欧州議会は、欧州委員会 [...]

» 続きを読む

private 【日本】九電みらいエナジー、日本初の大型潮流発電の建設工事開始。英企業の発電機採用

Facebook Twitter Google+

 九州電力子会社の九電みらいエナジーは1月15日、長崎県五島市の奈留瀬戸沖で、日本初となる大型潮流発電の設置工事を開始した。設備容量は500kW。発電機は、英富豪サンジーブ・グプタ氏のGFGアライアンスが出資している英SIMEC Atlantis Energy製を採用。SIMEC Atlantis Energyは、2014年に世界初の潮流発電を開始した世界最大手で、ロンドン証券取引所AIM市場に上場している。  今回の潮流発電プロジェ [...]

» 続きを読む

private 【国際】世界経済フォーラムとBCG、カーボンニュートラルに向けたサプライチェーン変革で新潮流を報告

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)は1月21日、カーボンニュートラルに向けた動きが政府及び企業からも加速している中、サプライチェーンのカーボンニュートラル化に関する事業環境変化や機会獲得の動向をまとめたレポートを発表した。ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)が執筆を担当した。  同レポートでは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】世界経済フォーラム、「グローバル協調強化原則」発表。反保護主義、気候変動、格差等。河野大臣も共同議長

Facebook Twitter Google+

 世界経済フォーラム(WEF)は1月21日、分断しつつある世界の中で、国際連帯を強化していくための原則を掲げた「グローバル協調強化原則」を発表した。WEFが2020年に発足したGlobal Action Groupがまとめた。  Global Action Groupは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【日本】経産省と環境省、サーキュラーエコノミー分野の投資家・企業対話ガイダンス発行

Facebook Twitter Google+

 経済産業省と環境省は1月19日、サーキュラーエコノミーに関する機関投資家・金融機関と企業の対話ガイダンス「サーキュラー・エコノミーに係るサステナブル・ファイナンス促進のための開示・対話ガイダンス」を発表した。エンゲージメントのポイントを事例を交えて解説した。  同ガイダンスは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】GRI、GRIスタンダードとSDGsターゲットの紐付けガイダンスを改訂。投資家観点も

Facebook Twitter Google+

 国際サステナビリティ報告基準策定機関GRIは1月21日、GRIスタンダードを基にし、国連持続可能な開発目標(SDGs)の各ターゲット毎で情報開示すべき項目をまとめたガイダンスを改訂したと発表した。最新のGRIスタンダードの体系に合わせた他、投資家からのフィードバック内容も組み入れた。  同ガイダンスは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】IIRC、国際統合報告フレームワークを初改訂。アウトカム概念やガバナンス概念の明確化等

Facebook Twitter Google+

 国際統合報告評議会(IIRC)は1月19日、2013年に策定した「国際統合報告フレームワーク <IR>」の初改訂を実施した。IIRCは2020年2月から改訂プロセスを開始していた。 【参考】【国際】IIRC、国際統合報告フレームワーク<IR>の改訂プロセス開始。最初はフィードバック(2020年2月24日)  改訂で実施したフィードバック募集では、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る