private 【スペイン】レプソル、2050年までのカーボンニュートラル宣言。原油ガス採掘大手で世界初

Facebook Twitter Google+

 スペイン原油・ガス大手レプソルは12月2日、2050年までに自社の二酸化炭素ネット排出量をゼロにするカーボンニュートラルを実現すると発表した。原油・ガス採掘大手で2050年までのカーボンニュートラルを宣言したのは同社が世界初。  2050年までのカーボンニュートラルは、パリ協定以降の国際目標になってきている。レプソルは今回、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【デンマーク】中央銀行、マクロ金融システムの気候変動リスク分析。銀行ローンが大きなリスク

Facebook Twitter Google+

 デンマーク中央銀行のデンマーク国立銀行は12月2日、国内において気候変動がマクロ経済や金融安定性にとってのリスクになるとの考えをまとめたレポートを発表した。銀行と機関投資家の双方のポートフォリオを分析し、金融危機リスクや金融規制のあり方をまとめた。  今回の分析は、欧州中央銀行(ECB)が5月に発表した分析を大きく参考にしている。デンマークは、今回のレポートを第1弾と位置づけており、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】マーク・カーニー・イングランド銀行総裁、国連気候アクション・ファイナンス特使に就任

Facebook Twitter Google+

 国連のアントニオ・グテーレス事務総長は12月1日、イングランド銀行のマーク・カーニー総裁を「国連気候アクション・ファイナンス特使」に任命した。同氏は、2020年11月の国連気候変動枠組条約第26回締約国グラスゴー会議(COP26)に向け、気候アクション及び気候ファイナンス分野でのアジェンダ形成を主導し、国連事務総長をサポートする。  気候アクション及び気候ファイナンスの両面で、重要なテーマは、気温上昇を1.5℃に抑えるための様々なフ [...]

» 続きを読む

private 【国際】Trucost、気候変動物理的リスク分析サービス開始。アセット、法人、ポートフォリオ単位で分析可能

Facebook Twitter Google+

 環境評価機関世界大手英Trucostは11月26日、機関投資家、企業、政府向けに、気候変動の物理的リスク分析データセット・サービスを開始したと発表した。物件(アセット)単位で物理的リスクを分析しており、法人単位、投資ポートフォリオでも物理的リスクをスコアとして把握できる。今回同時に、同データセットを活用し分析した全体の結果もレポートとして発表した。  Trucostによると、S&P500採用企業の中で気候変動の物理的リスクが高い企業 [...]

» 続きを読む

【アイルランド】政府、2030年までに再エネ電力割合70%目指す。再エネ発電オークション制度開始

Facebook Twitter Google+

 アイルランドのリチャード・バートン通信・気候アクション・環境相は12月2日、政府が決定した再生可能エネルギー電力支援スキーム(RESS)オークションの第1回詳細内容を発表した。アイルランド政府は、2030年までに再生可能エネルギー電力割合を70%にまで引き上げる計画。  RESSは、アイルランド政府が6月に決定した「気候アクション計画」の一環。2020年前半に政府支援対象案件を選ぶ第1回オークションを実施し、選定されると固定価格で買 [...]

» 続きを読む

private 【国際】英ヘッジファンド大手TCI、投資先企業に気候変動開示要求。取締役選任への反対を警告

Facebook Twitter Google+

 英ヘッジファンド大手TCI Fund Managementは12月2日、気候変動に関する投資先企業の取締役会へのプレッシャーを高めるため、二酸化炭素排出量を開示しない企業の株主総会での取締役選任選挙で反対票を投じる考えを、投資先企業に通知した。同社の運用資産総額は280億米ドル(約3兆円)。機関投資家の間で気候変動への関心が非常に高まる中、ついにヘッジファンドからも強いコミットメントが出た。  同社は、著名なクリストファー・ホーン氏 [...]

» 続きを読む

private 【国際】RLIとGRI、現代奴隷に関する報告ガイダンス発行。主要国規制をカバー。既存ガイダンス36本も分析

Facebook Twitter Google+

 電子機器業界サステナビリティ推進機関RBA(責任ある企業同盟、旧EICC)の責任ある労働イニシアチブ(RLI)とサステナビリティ報告の国際基準策定GRIは12月2日、現代奴隷に関するレポーティングのためのガイダンスを発表した。12月2日は国連が定める「奴隷制度廃止国際デー」。  現代奴隷は、強制労働、児童労働、ヒューマントラフィッキング等の総称。2018年の「Global Slavery Index(GSI)」によると、現在世界には [...]

» 続きを読む

【国際】「風力発電は2050年までに電力全体の30%を占める」ノルウェー認証大手DNV GL予測

Facebook Twitter Google+

 ノルウェー認証大手DNV GLは11月27日、風力発電の予測を発表。2050年までに風力発電は電力全体の30%を占めるまでに成長すると見立てた。そのうち12%が洋上風力で、18%が陸上風力。英国では2019年に大規模風力発電所の発電価格が、2017年からさらに30%低下。1kWh当たり0.05105米ドル(約5.54円)を記録したという。  今回DNVは、風力発電が今後大きく伸長するためのファクターとして12個を提示した。各々につい [...]

» 続きを読む

private 【国際】COP25、気候変動を悪化させる機関を表彰する不名誉な「化石賞」。日本、豪、ブラジル各政府受賞

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOの気候行動ネットワーク(CAN)インターナショナルは12月4日、気候変動枠組条約第25回締約国会議(COP25)マドリード会議の会場で、気候変動に悪影響を与える国や機関を表彰する不名誉な賞「化石賞(Fossil of the Day)」の受賞者を発表。日本、オーストラリア、ブラジルの3ヵ国政府が化石賞(同順1位)を受賞した。  日本は化石賞受賞の常連。2017年にも、先進国の1国として1位、日本政府単独で2位を受賞して [...]

» 続きを読む

private 【国際】機関投資家・企業87社、アマゾン地域の大豆企業に森林破壊防止要請。投資や原料調達リスク指摘

Facebook Twitter Google+

 機関投資家世界大手と企業世界大手87社・機関は12月3日、南米アマゾン地域での大豆生産を通じて大規模な森林破壊が発生していることを懸念し、ブラジルの大豆生産事業者に対し、環境に配慮した大豆農法を要請する共同書簡を発表した。87機関の運用資産総額は3.2兆米ドル(約350兆円)。  同共同書簡は、アマゾン地域で2006年に関係者が合意した「アマゾン大豆モラトリアム」を想起。同合意では、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る