【日本】メタン濃度が今年1月に過去最高。環境省らの観測衛星「いぶき」データ分析結果

Facebook Twitter Google+

 環境省は6月2日、同省と国立環境研究所(NIES)、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が共同で開発した温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)が収集しているデータの分析結果を公表。今年1月には月平均のメタン濃度が過去最高の約1815ppbを記録したことを明らかにした。  環境省らが今回行った分析は、2009年5月から2017年2月までの約8年間の「いぶき」観測データを用いて「全大気」の平均メタン濃度を算出。月別メタン濃度は夏に [...]

» 続きを読む

【環境】地球規模で観測される気候変動 @ハーバード大学サステナビリティ講座(1)

Facebook Twitter Google+

 米ハーバード大学で開講されている「環境・サステナビリティ・マネジメント修士プログラム」。弊社サステナビリティ研究所所長の夫馬が在籍しているこちらのプログラムから、講義の中で紹介された興味深いコンテンツを時々お届けしていきます。今回の第1回では、今年12月に開催される予定の気候変動パリ会議に向けて熱を帯びる温室効果ガスをテーマに、米国政府が進めている地球規模のデータ観測・解析プロジェクトを紹介します。 地球規模で見た大気循環と気候変動 [...]

» 続きを読む
2015/08/18 体系的に学ぶ
ページ上部へ戻る