【2/19,20@東京 セミナー】社会的インパクト投資フォーラム2018が開催 2018/01/19 行動する

持続可能な未来型資本市場の展望

 10年前に生まれた、経済的なリターンと社会的リターンの両方を求める社会的インパクト投資。現在は1,114億ドルもの市場規模へと成長し世界中の投資家が様々な形で社会課題の解決に繋がる社会的インパクトへの投資を行っています。

 2015年には、国連で持続可能な開発目標(SDGs)が採択され、国際社会及び各国が地球・社会課題の解決に向けて取組みを進めています。しかし、SDGsを実現するためには、年間で約2.5兆ドルが不足していると推計されており、民間資本を大規模に導入する仕組み作りが求められています。日本においても、少子高齢化をはじめとした様々な社会課題が顕在化しており、民間資本の活用を通じた日本の包括的、持続可能な成長に繋がる強固で持続可能な未来型資本市場の構築は急務といえます。

 公益財団法人笹川平和財団と一般財団法人社会的投資推進財団は、金融機関、政府関係者、ビジネスリーダー、シンクタンクをはじめとした分野の垣根を超えた社会的インパクト投資の実施者を迎え、社会的インパクト投資における今後の可能性について「社会的インパクト投資フォーラム2018」を2018年2月19日、20日の2日間にわたり開催致します。

概要

日時: 2018年2月19日(月)、20日(火) 2日間
場所: 笹川平和財団ビル10F、11F 東京都港区虎ノ門1-15-16
主催: 公益財団法人笹川平和財団、一般財団法人社会的投資推進財団、GSG国内諮問委員会
メインパートナー:Global Impact Investment Steering Group(GSG)
スポンサー:エボリューション・ファイナンシャル・グループ、みずほ銀行、三井住友銀行

トピック

  • 社会的インパクト投資を推し進める条件
  • 社会的インパクト投資セクターの現状と可能性
  • 該当する主要ステークホルダー(政府、財団、シンクタンク、投資家、金融機関、社会的事業)それぞれの社会的インパクト投資市場構築における役割
  • 社会的インパクトへの投資におけるファイナンシング手法
  • 社会的インパクトのビジネステーマ
  • 日本が先進的な社会的インパクト投資市場になるための条件

詳細・申込

https://peraichi.com/landing_pages/view/iif2018

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る