【アメリカ】米マクドナルド、対コミュニティ施策で教師にクーポン配布

Facebook Twitter Google+

米アリゾナ州のマクドナルドショップで、5月6日のTeacher Application Day(先生に感謝の気持ちを伝える日)に、州全体の教師への感謝を込めてキャンペーンを実施した。各地のマクドナルドショップで、朝5時から夜の8時までの時間帯に学校のIDを見せた教師に対し、追加のバリューセットを無料で提供した。さらに、アリゾナの全マクドナルドショップで、先着100人の教師には8月末まで使えるドリンク券をプレゼントした。昨年、アリゾナの [...]

» 続きを読む

【アメリカ】米Bank of the West、個人慈善家のコミットメント度を測る指数を発表

Facebook Twitter Google+

米Bank of the Westの資産管理部門は、親会社であるBNPパリバと協働し「個人フィランソロピー指数」に関するレポートの第2版を発行した。第1版の調査対象地域はヨーロッパ、アジア、中東のみであったが、第2版ではアメリカが追加され、この4つの地域で運用可能資産評価額が500万ドル以上の富裕層400名が調査対象となった。調査では、慈善活動家のコミットメント度を測るための評価基準として、寄付金の絶対額、革新性、選択した課題の改善の [...]

» 続きを読む

【アメリカ】紛争鉱物レポートフォーマット (CMRT) の改訂版が発表

Facebook Twitter Google+

Conflict-Free Sourcing Initiative (CFSI) は、4月10日に、紛争鉱物管理のためのレポートフォーマットである(CMRT)の新バージョン、CMRT3.0を発表した。現行のCMRT2.03a からCMRT3.0に更新されるにあたり、IPC標準規格にも準拠。産業横断的なツールとして、サプライチェーンにおける情報管理が容易になることが期待される。CMRT3.0の発行者であるCFSIは、紛争鉱物ソーシングに [...]

» 続きを読む

【アメリカ】米消費者、食品の健康性と地域産品に高い関心

Facebook Twitter Google+

米広告代理店のCone Communicationsの最近の調査によると、アメリカの消費者は食糧品の購入時に食品の健康性を大きく考慮していることがわかった。Cone Communicationsは広告代理店グループ世界大手のOmni Groupのグループ会社で消費財、CSRなどの分野のPRを専門にしている。調査では、18歳以上のアメリカ人男性500人、同女性503人が回答。信頼度は95%。調査ではアメリカ人の食糧品購買行動について幅広 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】Verizon、経営資源を活用し社会課題解決を実現

Facebook Twitter Google+

米通信大手Verizonは、同社の2013年のCSR活動をまとめた「2013 Corporate Responsibility Supplement」を発表し、その中でVerizonの保有するモバイル通信技術やクラウドサービスを活かした教育、ヘルスケア、エネルギー問題への取組を幅広く紹介した。教育問題に関しては、アメリカ国内での教育水準が低い24の地域の教師に対し、モバイル通信技術を活用した教育メソッドを伝授。結果、37%の生徒の学力 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】工業容器世界大手Greif、サトウキビ原料容器でサステナビリティ賞受賞

Facebook Twitter Google+

工業容器世界大手のGreifは、同社が開発したプラスチック容器「The DoubleGreen COEX 10-liter plastic jerry can」が製造業リーダーシップ賞でサステイナビリティ部門賞を受賞したと発表した。同社は段ボールからプラスチックなど幅広く工業容器を手がけており、北米だけでなく50カ国以上で事業展開。今回受賞したのは、液体などを収容できる10リットルプラスチック缶。DoubleGreenプラスチック容器 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ビッグデータ解析で農業のサステナビリティ向上に取り組むIBM

Facebook Twitter Google+

今回ご紹介するのは、米国ジョージア州におけるIBMとThe Flint River Partnership、ジョージア大学によるビッグデータを活用した農業のサステナビリティ向上への取り組み。 The Flint River Partnershipは、Flint River Soil and Water Conservation District、米国農務省のNRCS(Natural Resources Conservation Ser [...]

» 続きを読む
2014/05/12 最新ニュース

【アメリカ】スターバックス 「CSRは単独の概念ではなく、企業DNAそのもの」

Facebook Twitter Google+

米Starbucksの広報担当役員Corey duBrowa氏は、ジョージワシントン大学政策管理大学院が開催したウェビナーでスピーチを行い、受講生に対して同社におけるCSRの意義について「スターバックスにとってCSRは、CSRという単独の活動ではなく、企業DNAそのものだ」と力説した。Corey duBrowa氏によると、スターバックスではCSRというテーマで議論がされることはないという。同社では、むしろ常に企業の価値や原則に関する話 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】オーガニック食品市場が成長。欧州、アジアでも同様の動き

Facebook Twitter Google+

アメリカでオーガニック食品業界が急成長している。投資家向け雑誌であるアメリカのMotley Foolは、先日「オーガニック食品業界が"買い"の5つの理由」(5 Reasons to Buy Into the Organic Market)と題する記事を発表。世界のオーガニック食品業界の市場動向について、アメリカの家庭のうち81%が自身の健康を考えてオーガニックフードを購入、オーガニック食品志向はヨーロッパ、インド、東南アジアでも進み、 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る