private 【アメリカ】政府、気候変動の安全保障・外交影響で報告書公表。国防総省や国家安全保障会議

Facebook Twitter Google+

 米大統領府(ホワイトハウス)は10月21日、米国政府の中核的な国家安全保障及び外交政策部門による一連の気候変動に関する分析結果を発表した。バイデン大統領は、気候変動問題を米国の安全保障・外交問題とする政策を採っており、今回具体的な方向性を示した。  今回発表した分析は、1月27日に署名された「国内外における気候危機対策」に関する大統領令14008と、2月29日に署名された「難民の再定住プログラムの再構築および強化、ならびに気候変動が [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】エクソンモービル、ケミカルリサイクルプラント建設。年3万トンで北米最大級

Facebook Twitter Google+

 石油世界大手エクソンモービルは10月11日、同社初となるプラスチックの大規模ケミカルリサイクルプラントを2021年末までに建設すると発表した。同プラントでは、廃棄プラスチックを年間3万tリサイクルでき、北米最大規模になる見通し。製造する再生ポリマーは、マスバランス方式で製造されたバイオマス原料やリサイクル原料の製品を示すISCC+認証を取得する。  同社はすでに、 (さらに…)

» 続きを読む

【アメリカ】マスターカードとアスペン研究所、第2回インクルーシブ・グロース・サミット開催

Facebook Twitter Google+

 決済世界大手米マスターカードの独立機関「Mastercard Center for Inclusive Growth」と、アスペン研究所は10月14日、第2回グローバル・インクルーシブ・グロース・サミットを開催。米カマラ・ハリス副大統領もスピーチを寄せ、全体で10の新たなプログラムが発足した。支援総額は5,400万米ドル(約60億円)。  両者は2019年に第1回のサミットを開催し、今回が2回目。企業、政府、NGO等のリーダーが結集 [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】バイデン大統領、PFAS規制強化を連邦政府機関に指示。包括的な大規模検査へ

Facebook Twitter Google+

 米ジョー・バイデン大統領は10月18日、PFAS(パーフルオロアルキル化合物およびポリフルオロアルキル化合物)規制を強化する政策を発表した。10月5日には、カリフォルニア州では先んじて、PFASを食品容器・包装に使用することを禁止する州法AB1200が成立している。 【参考】【環境】化学物質PFASとは何か? 〜マクドナルドやアマゾンが使用禁止を決めた背景やPFOAとの違い〜(2021年1月17日) 【参考】【アメリカ】カリフォルニ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ノースカロライナ州、エネルギー会社に2050年カーボンニュートラル義務化州法成立

Facebook Twitter Google+

 米ノースカロライナ州のロイ・クーパー知事は10月14日、2030年までにエネルギー生産者の二酸化炭素排出量を2005年比70%減し、2050年までにネットゼロにすることを公式目標として設定したエネルギー・ソリューション州法案に署名。同州法が成立した。  同州法は当初案では、同州最大手の電力会社デューク・エナジーに対し、個別の発電所を明示した閉鎖の指示等を掲げていたが、硬直的な内容としてクーパー州知事は拒否権を発動する考えを披露。その [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】ダウ、サーキュラーエコノミー強化でEBTIDA3400億円創出。大規模な設備投資

Facebook Twitter Google+

 化学世界大手米ダウは10月6日、事業ポートフォリオを全面的にサーキュラーエコノミー型に転換に、グローバルでの資産ベースでカーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)を目指す戦略を発表した。資本支出を減価償却費の水準以下に抑えながら、基礎的なEBITDAをさらに30億米ドル(約3,400億円)以上成長させる。  EBITDAの上昇では、まず、以前からのデジタル化で2025年まつまでに3億米ドルを見込む。さらに、既発表のリストラク [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】政府、気候変動の金融システミックリスク対策政策発表。連邦政府の公共調達や融資制度でも

Facebook Twitter Google+

 米大統領府(ホワイトハウス)は10月15日、気候変動が米国にもたらす金融システミックリスクを測定、開示、管理、軽減するための包括的な政府戦略を発表した。バイデン大統領は5月にも「気候関連の金融リスクに関する大統領令」に署名しており、同大統領で掲げられた6つの柱も今回の戦略に継承された。  米大統領府は今回、 (さらに…)

» 続きを読む

【アメリカ】内務省、2025年までに最大7件の洋上風力海域リース発表。2030年30GW目標に向け

Facebook Twitter Google+

 米ハーランド内務長官は10月13日、バイデン政権が掲げる2030年までに洋上風力発電を30GW導入するという目標を達成するため、今後の洋上風力発電リース計画を発表した。海洋エネルギー管理局(BOEM)が、2025年までに、メイン湾、ニューヨーク湾、大西洋中央部、メキシコ湾、ノースカロライナ州・サウスカロライナ州、カリフォルニア州、オレゴン州の沖合で最大7件の海域リース販売を行う計画。  内務省は、大統領令14008の指示に従い、他の [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】労働省、エリサ法改正案を発表。ESG投資への支持を鮮明。議決権行使も促進

Facebook Twitter Google+

 米労働省は10月13日、年金基金の受託運用会社が、投資先の選定や議決権行使で、ESGを考慮することに対する障害を取り除くためにエリサ法(従業員退職所得保障法)を改正する立法案公告を発表した。60日間パブリックコメントを募集する。 【参考】【アメリカ】労働省、職域年金のESG投資の追加分析義務化のエリサ法解釈案を撤回。機関投資家は歓喜(2021年1月7日)  今回の改正案は、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る