【国際】世界金融11都市、サステナブル金融ネットワーク発足で合意。東京都は会議に参加せず

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画(UNEP)は9月28日、世界の主要金融都市がサステナブルファイナンスについて議論する初の会議をカサブランカで開催し、「サステナビリティのための金融センターに関するカサブランカ宣言」を発表。世界15都市が協働しながら、サステナブル金融を推進していくことを誓った。会議開催では、モロッコ・カサブランカ市の官民連携企業Casablanca Finance City Authority(CFCA)も主催者となり、ホストを努めた。 [...]

» 続きを読む

【国際】水銀の産出・排出・輸出規制を課す「水銀に関する水俣条約」が発効。日本も締約国

Facebook Twitter Google+

 水銀の産出・排出・輸出規制を課す「水銀に関する水俣条約」が8月16日、発効した。水銀がもたらす人体・環境への被害は、日本の四大公害の一つである水俣病により世界的に知られることになり、国連環境計画(UNEP)も2001年から地球規模での水銀汚染対策活動を開始。その後同条約が2013年に採択され、現在まで128ヶ国が署名。批准国も。同条約発効に必要な50ヶ国を上回る74ヶ国に達し、同条約が発効した。日本も2016年2月に批准している。 [...]

» 続きを読む

【スウェーデン】ストックホルム・フィンテック・ハブ、フィンテックでSDGs達成を支援

Facebook Twitter Google+

 フィンテック企業専用のコワーキングスペースを提供するストックホルム・フィンテック・ハブは4月6日、国連環境計画(UNEP)が掲げるフィンテックを通じた国連持続可能な開発目標(SDGs)の達成を支援していくと発表した。UNEPは、2014年1月に結成された「UNEP Inquiry into the Design of a Sustainable Financial System(持続可能な金融システムのデザインに向けたUNEP調査」 [...]

» 続きを読む

【国際】UNEP・日本・オランダ、共同で国際的な気候変動適応研究センター設立

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画(UNEP)、日本環境省の所管法人国立環境研究所、オランダのインフラストラクチュア・環境省環境評価庁は2月6日、気候変動適応のための国際的な研究センター「世界気候変動卓越センター(Global Centre of Excellence on Climate Adaptation)」を共同で設立することを発表した。本部はオランダに置く。  同センターは設立後、効果的に気候変動に適応するため、自然災害対策や経済破綻などの分野 [...]

» 続きを読む

【国際】UNEPと中国アリババ金融子会社、グリーン・フィンテック分野のイニシアチブを共同発足

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画(UNEP)と中国IT大手アリババの金融サービス子会社Ant Financial Services Groupは1月19日、世界経済フォーラム年次総会(通称、ダボス会議)の場で、「グリーン・デジタル金融アライアンス(Green Digital Finance Alliance)」を発足したと発表した。同アライアンスは、地球環境問題に取り組むための資金調達にデジタル技術を活用していく新たな「環境フィンテック」のイニシアチブ [...]

» 続きを読む

【国際】国連環境計画、保険監督当局の国際フォーラムSIFを結成。持続可能な保険分野を協議

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画(UNEP)とカリフォルニア州保険局は12月1日と2日、世界の保険分野の規制・監督当局を集めサステナビリティ分野での保険のあり方を話し合う初めてのフォーラム「持続可能な保険フォーラム(SIF)」をサンフランシスコで開催した。初会合となった今回は、ブラジル、フランス、ガーナ、ジャマイカ、モロッコ、オランダ、シンガポール、英国、カリフォルニア州の保険監督当局が出席。その他、チリ、パキスタン、南アフリカ、フィリピン、アラブ首長 [...]

» 続きを読む

【国際】海洋プラスチック廃棄物が生態系と人類に深刻な被害。UNEP報告書

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画(UNEP)は5月23日、同日から27日にかけてケニヤのナイロビで開催された「第2回国連環境総会」(UNEA-2)に先駆け、海洋プラスチック廃棄物の脅威に関する報告書「Marine plastic debris and microplastics」を発表した。プラスチックや微細プラスチック(マイクロプラスチック)が海洋生態系に深刻な被害を与えていると訴えた。  プラスチックの生産量と廃棄量は毎年継続的に増加しており、その [...]

» 続きを読む

【国際】開発途上国、再エネと効率化で2020年までに1.7ギガトンの温室効果ガス削減が可能

Facebook Twitter Google+

 各国の再生可能エネルギーおよびエネルギー効率化による温室効果ガス削減量の測定・報告支援を行っている国際フレームワークの1 Gigaton Coalitionは12月7日、パリで開催されたCOP21の中で初めてとなる年次報告書、"Narrowing the Emissions Gap: Contributions from renewable energy and energy efficiency activities(排出ギャップ [...]

» 続きを読む

【国際】世界初となる持続可能な米に関する国際基準が誕生

Facebook Twitter Google+

 持続可能な稲作を推進しているサステナブル・ライス・プラットフォーム(以下、SRP)は10月27日、世界初となる持続可能な米に関する国際基準を公表した。SRPは、UNEP(国連環境計画)およびIRRI(International Rice Research Institute:国際稲研究所)が主導する農業研究機関、農業関連企業、公的機関、市民団体らによる協働イニシアチブだ。  今回公表されたSRP Standard for Susta [...]

» 続きを読む

【国際】持続可能な発展を後押しするグローバル金融システムとは?UNEP調査

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画(UNEP)は10月8日、国際通貨基金(IMF)および世界銀行の年次総会の中で、グローバルの金融システムをいかに持続可能な発展に向けて活用すべきかについてまとめた報告書、"The Financial System We Need."を公表した。  同報告書は、2014年1月に結成されたUNEP Inquiry into the Design of a Sustainable Financial System(持続可能な金 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る