【EU】欧州議会とEU理事会、EU排出権取引制度強化で合意。法改正手続開始

Facebook Twitter Google+

 EU行政府の欧州委員会は11月9日、EU上院の役割を果たすEU理事会とEU下院の役割を果たす欧州議会が2030年までに二酸化炭素排出量を40%以上削減するというEUの約束草案(INDC)を実現するため2020年以降のEU二酸化炭素排出権取引制度(EU-ETS)を改正することで暫定的に合意したと発表した。現在EU-ETSは、電力会社やエネルギー消費量の多い業界の事業所1万1,000以上に対しキャップ・アンド・トレード型の排出権取引制度 [...]

» 続きを読む

【中国】北京環境取引所と欧州エネルギー取引所、中国の全国排出権取引制度発展で提携

Facebook Twitter Google+

 欧州エネルギー取引所(EEX)と北京環境取引所(CBEEX)は10月23日、戦略的パートナーシップを締結したと発表した。両社は中国の二酸化炭素排出権取引制度発展で協力する。  EEXはドイツ・ライプチヒに本社を置く電力先物取引所。ライプチヒエネルギー取引所とフランクフルトに本社を置く旧EEXが合併し誕生。2011年にドイツ取引所グループがEEX株式の約4分の3を買収し同社の傘下に入った。EEXは、EUの二酸化炭素排出権取引制度(EU [...]

» 続きを読む

【国際】カーボン・トレード・エクスチェンジ、CDMの認証クレジットCERのオンライン取引を開始

Facebook Twitter Google+

 二酸化炭素排出権等を取引できるオンライン市場のカーボン・トレード・エクスチェンジ(CTX)は8月10日、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)の下で運用されているクリーン開発メカニズム(CDM)の認証排出削減量(CER)クレジットの取引プラットフォームが開始したと発表した。CTXは、排出権取引を扱う世界で最初で最大のオンライン取引市場で、起業家のWayne Sharpe氏が2007年にオーストラリア・シドニーで設立した。CTXでCER [...]

» 続きを読む

【中国】国務院、温室効果ガス削減アクションプランを発令。石炭消費量を大幅抑制

Facebook Twitter Google+

 中国政府の国務院(内閣に相当)は10月27日、温室効果ガスの排出抑制に関する規制「第13次5カ年計画における温室効果ガス排出抑制アクションプラン(“十三五”控制温室気体排放工作方案)」を制定したことを、11月4日に発表した。石炭火力発電を大幅に削減させるのが政策の柱。中国政府が石炭消費を抑制していく姿勢が明らかとなった。  アクションプランで定められた内容は、2020年までに対GDP比の二酸化炭素排出量を2015年比で18%削減し、 [...]

» 続きを読む

【カナダ】トルドー首相、2018年にカナダ全土で炭素税を導入すると宣言

Facebook Twitter Google+

 カナダのトルドー首相は10月3日、2018年にカナダ全土で炭素税を導入するとカナダ国会での答弁で宣言した。複数紙が一斉に報じた。炭素税とは、気候変動を引き起こす二酸化炭素の排出に課税する税。現在カナダ国会では、気候変動枠組条約(COP21)パリ協定の批准審議が行われており、カナダ国会は間もなく批准する見込み。トルドー首相は国会審議の場で、カナダの全州及び全準州の地方政府は、二酸化炭素排出者に対し1トン当たり最低でも10カナダドル(約 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る