【日本】JR北海道、猛暑で列車を運休。レール変形のおそれ。気候変動による交通網影響が顕在化

Facebook Twitter Google+

 JR北海道は5月26日と27日、猛暑の影響で、一部列車を運休した。暑さでレールが歪み運行に支障をきたすリスクが発生したため。ダイヤも大幅に乱れ、北海道の幅広い地域で交通網が混乱した。気候変動の影響で、交通網ストップのリスクがあることが顕在化した。  5月26日は、日本全域で気温が大きく上昇。北海道佐呂間町では39.5℃を記録し、5月として全国の観測史上最高気温を更新した。それまでは、埼玉県秩父市で1993年に記録した37.2℃が最高 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る