【ドイツ】電力大手E.ONとRWEが生き残りかけ企業再編。再エネへの転換に乗り遅れ赤字体質化

Facebook Twitter Google+

 独電力大手E.ON(エーオン)と独電力大手RWEは3月12日、子会社買収等を含む複雑なM&Aを発表した。欧州では電力業界の生き残りが熾烈を極める中、両社は事業を再編し戦略を立て直す。E.ONとRWEは欧州規模で事業展開するドイツの二大電力会社だが、昨今経営が傾いていた。2019年末までに買収手続を完了する。  今回のM&Aにより、E.ONはRWEが保有している子会社innogy(イノジー)株式76.8%を全て買収し、さらにイノジーの [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る