【フランス】エールフランス、2020年1月から全国内線がCO2ゼロに。カーボンオフセット活用

Facebook Twitter Google+

 仏航空大手エールフランスは10月1日、新たなサステナビリティ・ロードマップを発表した。二酸化炭素排出量やプラスチック廃棄物削減でアクション・レベルを上げる。  二酸化炭素排出量については、全国内線の二酸化炭素排出量を2020年1月1日から全量カーボン・オフセットする。航空業界では、乗客が自主的にカーボン・オフセットする手段を提供することが多かったが、エールフランスは企業として事前に全量オフセットする方向へと舵を切った。また、国際線で [...]

» 続きを読む

【フランス】政府、国際線に対する環境税導入。2020年1月から導入。エールフランスは反発

Facebook Twitter Google+

 仏エリザベット・ボルヌ国務大臣・環境連帯移行大臣付交通担当大臣は7月9日、フランスからの国際線に対する環境税を開始すると発表した。エコノミークラスは1.5ユーロ(約183円)、EU域内行きのビジネスクラスは9ユーロ(約1,100円)、EU域外行きのビジネスクラスは18ユーロ(約2,200円)。乗継便には課されない。またフランス海外領土行きの便にも課されない。2020年から導入。年間1.8億ユーロ(約220億円)の税収増を見込み、国内 [...]

» 続きを読む

【フランス】エールフランス、全フライトの機内食で植物由来プラスチックに切替。2019年末までに

Facebook Twitter Google+

 仏航空大手エールフランスは6月5日、2019年までに全フライトの機内食でプラスチック食器の素材を植物由来プラスチックに切り替えると発表した。これにより使い捨てプラスチックを2,100万t削減できる。プラスチック製ストローは2015年から提供していない。  エールフランスは、長距離フライトでの2回目の機内食ではすでに、食器が不要なミール袋「BON APPETIT」を提供する形に切り替えており、プラスチック製食器そのものの削減にも取り組 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る