【フランス】エールフランス、2020年1月から全国内線がCO2ゼロに。カーボンオフセット活用 2019/10/06 最新ニュース

【フランス】エールフランス、2020年1月から全国内線がCO2ゼロに。カーボンオフセット活用 1

 仏航空大手エールフランスは10月1日、新たなサステナビリティ・ロードマップを発表した。二酸化炭素排出量やプラスチック廃棄物削減でアクション・レベルを上げる。

 二酸化炭素排出量については、全国内線の二酸化炭素排出量を2020年1月1日から全量カーボン・オフセットする。航空業界では、乗客が自主的にカーボン・オフセットする手段を提供することが多かったが、エールフランスは企業として事前に全量オフセットする方向へと舵を切った。また、国際線でも、法人顧客には、排出量を自主的に100%オフセットできる手段も提供する。同時に2030年を目処に、乗客km当たりの二酸化炭素排出量を2005年比半減させる。実現すると、100乗客km当たりの化石燃料消費量が3l未満に減る。

 また同日より、パリ行きの便では機内でのごみ分別回収を開始する。分別の内容は、プラスチックボトル、アルミ缶、ワイングラス、紙容器の4種類。分別したごみは、シャルル・ド・ゴール空港でリサイクル業者Servairに提供し、フランス国内や欧州でリサイクルする。エールフランスは、すでに使い捨てプラスチック食器の使用を2019年末からやめる決断をしており、EU法でも禁止されることになっている。

【参考】【フランス】エールフランス、全フライトの機内食で植物由来プラスチックに切替。2019年末までに(2019年6月13日)

 加えて、代替素材の開発に向け、R&Dへの投資もすすめる。

【参照ページ】AIR FRANCE TO PROACTIVELY OFFSET 100% OF CO2 EMISSIONS ON ITS DOMESTIC FLIGHTS AS OF JANUARY 1ST, 2020

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (1)

ページ上部へ戻る