private 【国際】バーゼル条約締約国会議、汚れたプラスチックを輸出入規制対象に追加。日本にも大きな影響

Facebook Twitter Google+

 化学物質・廃棄物関連3条約と呼ばれる「有害廃棄物の国境を越える移動及びその処分の規制に関するバーゼル条約」「残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約」「国際貿易の対象となる特定の有害な化学物質及び駆除剤についての事前のかつ情報に基づく同意の手続に関するロッテルダム条約」の締約国会議が4月29日から5月10日、スイス・ジュネーブで開催され、規制物質の追加等が決まった。  海洋プラスチック問題対策では、プラスチック廃棄物の輸出入の透 [...]

» 続きを読む

【国際】残留性有機汚染物条約の専門家委員会、ジコホルを規制対象物質に指定勧告

Facebook Twitter Google+

 残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約(POPs条約)での規制対象物質を検討する「残留性有機汚染物質検討委員会(POPRC)」の第13回会合が、10月17日から20日までイタリア・ローマで開催され、規制物質の追加勧告が決定された。  残留性有機汚染物質(POPs)とは、難分解性、高蓄積性、長距離移動性、人体や環境への有害性を持つ物質のこと。代表的な物質はポリ塩化ビフェニル(PCB)やDDT。同条約は、POPsを国際的に規制して [...]

» 続きを読む

【国際】化学物質・廃棄物関連3条約締約国会議、DBDE等が規制対象に追加

Facebook Twitter Google+

 化学物質・廃棄物関連3条約と呼ばれる「残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約」、「有害廃棄物の国境を越える移動及びその処分の規制に関するバーゼル条約」、「国際貿易の対象となる特定の有害な化学物質及び駆除剤についての事前のかつ情報に基づく同意の手続に関するロッテルダム条約」の締約国会議が4月24日から5月5日、スイス・ジュネーブで開催され、規制物質の追加が決まった。  ストックホルム条約が規定している「残留性有機汚染物質(POP [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る