【国際】ポールマン元ユニリーバCEO、新財団Imagine設立。企業の飢餓や気候変動対応を支援

Facebook Twitter Google+

 2018年末でユニリーバCEOを退任したポール・ポールマン氏は、飢餓や気候変動問題に対応するためのアクティビスト財団「Imagine」を設立することがわかった。企業に対し、国連持続可能な開発目標(SDGs)に積極的に向き合っていくことを支援していく。  新組織は、ポールマン氏の個人資金を投入して設立する。世界経済フォーラムやEYで活躍しているValerie Keller氏と、ユニリーバのJeff Seabright最高サステナビリテ [...]

» 続きを読む

【イギリス・オランダ】ユニリーバのポール・ポールマンCEO、年内で退任

Facebook Twitter Google+

 消費財世界大手英蘭ユニリーバのポール・ポールマンCEOが2018年末に退任することがわかった。11月29日、各紙が一斉に報じた。2019年1月1日から、美容品・パーソナルケア部門トップのアラン・ジョープ氏がCEOとなる。ポールマンCEOは、2009年1月1日からCEOを務め、同社の事業拡大とともに、サステナビリティの観点でも世界のトップクラスの企業に押し上げた。  ポールマンCEOの退任背景には、同社の体制を英ロンドンと蘭ロッテルダ [...]

» 続きを読む

【国際】国連グローバル・コンパクト、ユニリーバのポールマンCEOら2名が副議長に就任

Facebook Twitter Google+

 アントニオ・グテーレス国連事務総長は4月20日、国連グローバル・コンパクト(UNGC)の副議長ポストに、スタンダードチャータード・ナイジェリアのボラ・アデソラCEO兼マネージング・ディレクターと、ユニリーバのポール・ポールマンCEOの2名を任命した。現職ポストを過去10年間務めたマーク・ムーディ・スチュアート元ロイヤル・ダッチ・シェル会長は退任する。UNGCの議長は国連事務総長が兼任。  アデソラ氏とポールマン氏は、過去にUNGCの [...]

» 続きを読む

【国際】産業界のリーダーが集まるB Team、2050年までに温室効果ガス排出ネットゼロを呼びかけ

Facebook Twitter Google+

英国ヴァージングループの創設者として知られる実業家のリチャード・ブランソン氏やインドの財閥タタ・グループの会長ラタン・タタ氏、ユニリーバのCEO、ポール・ポールマン氏、グラミン銀行創始者のムハマド・ユヌス氏など、世界を代表する産業界のリーダーらにより構成される非営利組織のB Teamは2月5日、「2050年までに世界の温室効果ガス(GHG)の排出をネットゼロにする」という大胆な目標を発表し、世界中の政府や企業リーダーらにこの大胆な長期 [...]

» 続きを読む

【イギリス】ユニリーバのCEOが語るサステナビリティへのコミットメント

Facebook Twitter Google+

本日ご紹介する動画は、ユニリーバのCEO、Paul Polman氏のインタビュー。こちらの動画は戦略コンサルティング会社、マッキンゼー・アンド・カンパニーのウェブサイト上にある季刊コラムコーナーに同氏が寄稿している「Business, society, and the future of capitalism(企業、社会、そして資本主義の未来)」という記事に関連したインタビュー動画だ。 本編のコラム記事では、同氏の企業やビジネスに対す [...]

» 続きを読む
2014/05/21 最新ニュース
ページ上部へ戻る