【国際】国連グローバル・コンパクト、ユニリーバのポールマンCEOら2名が副議長に就任 2018/04/26 最新ニュース

 アントニオ・グテーレス国連事務総長は4月20日、国連グローバル・コンパクト(UNGC)の副議長ポストに、スタンダードチャータード・ナイジェリアのボラ・アデソラCEO兼マネージング・ディレクターと、ユニリーバのポール・ポールマンCEOの2名を任命した。現職ポストを過去10年間務めたマーク・ムーディ・スチュアート元ロイヤル・ダッチ・シェル会長は退任する。UNGCの議長は国連事務総長が兼任。

 アデソラ氏とポールマン氏は、過去にUNGCのボードメンバーに任命されていたこともあり、企業の立場からサステナビリティの知見をインプットすることが期待されている。

 アデソラ氏は、銀行家として25年以上のキャリアを築いたナイジェリア人女性。2011年からスタンダードチャータード・ナイジェリアのCEO及びマネージング・ディレクターを務めている。スタンダード・チャータード以前は、ファースト・バンク・オブ・ナイジェリア、シティバンクに勤務。また、ハーバード・ビジネス・スクール及びラゴス・ビジネス・スクールで学び、バッキンガム大学で法学士を取得している。

 ポールマン氏はオランダ出身。2009年からユニリーバのCEOを務める。ユニリーバ以前は、ネスレ、P&Gに勤務し、P&Gには26年在籍した。フローニンゲン大学、及びシンシナティ大学で学んだ。

 両氏は今後、国連事務総長とリセ・キンゴUNGC事務局長と協働し、UNGCを運営していく。

【参照ページ】

【参考サイト】
UN “Mr. Paul Polman of the Netherlands – Vice Chair of the Board of the United Nations Global Compact”
(https://www.un.org/sg/en/content/sg/personnel-appointments/2018-04-20/mr-paul-polman-netherlands-vice-chair-board-united)

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る