【国際】ポールマン元ユニリーバCEO、新財団Imagine設立。企業の飢餓や気候変動対応を支援 2019/07/09 最新ニュース

【国際】ポールマン元ユニリーバCEO、新財団Imagine設立。企業の飢餓や気候変動対応を支援 1

 2018年末でユニリーバCEOを退任したポール・ポールマン氏は、飢餓や気候変動問題に対応するためのアクティビスト財団「Imagine」を設立することがわかった。企業に対し、国連持続可能な開発目標(SDGs)に積極的に向き合っていくことを支援していく。

 新組織は、ポールマン氏の個人資金を投入して設立する。世界経済フォーラムやEYで活躍しているValerie Keller氏と、ユニリーバのJeff Seabright最高サステナビリティ責任者(CSO)も共同創業者として加わる。

 ポール・ポールマン氏は、CEO退任後も、アラン・ジョープ新CEOへの引継のために会社に残っていたが、先週で正式に退職した。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る