private 【国際】環境NGO、食品・消費財大手10社の森林フットプリント調査。開示不十分と指摘。日本も2社

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOレインフォレスト・アクション・ネットワーク(RAN)は10月21日、食品・消費財関連大手10社のインドネシアでの森林破壊関与を分析したい新たな報告書「キープ・フォレスト・スタンディング:森林フットプリント評価2021」を発表した。いずれの10社も、開示が不十分と指摘した。  今回対象となった10社は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【インドネシア】ネスレ、世界初の森林フットプリント開示。アチェ州パーム油でのリスク地特定

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手スイスのネスレは12月7日、インドネシア・アチェ州のパーム油サプライチェーンにおける「森林フットプリント」を開示した。同社は、特定地域でのパーム油サプライチェーンの森林フットプリントを開示した世界初の企業となった。  森林フットプリントとは、原材料調達等のサプライチェーン全体で森林破壊のリスクの高い森林と泥炭地の総面積。同社は今回の発表に際し、すでに森林破壊を引き起こしている場所を振り返るだけでなく、森林破壊の未来リスク [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る