private 【インドネシア】ネスレ、世界初の森林フットプリント開示。アチェ州パーム油でのリスク地特定 2020/12/14 最新ニュース

 食品世界大手スイスのネスレは12月7日、インドネシア・アチェ州のパーム油サプライチェーンにおける「森林フットプリント」を開示した。同社は、特定地域でのパーム油サプライチェーンの森林フットプリントを開示した世界初の企業となった。

 森林フットプリントとは、原材料調達等のサプライチェーン全体で森林破壊のリスクの高い森林と泥炭地の総面積。同社は今回の発表に際し、すでに森林破壊を引き起こしている場所を振り返るだけでなく、森林破壊の未来リスクを特定する必要があると断言。森林再生を積極的に実施するサプライヤーから原材料を購入することで、森林ポジティブを目指すとした。

 今回特定されたリスクの高み面積は、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る