private 【日本】2019年の海洋貯熱量が観測史上最大。増加率も加速。気象庁報告

Facebook Twitter Google+

 気象庁は2月20日、海洋の貯熱量(熱エネルギー)の観測結果を発表。2019年には観測史上過去最大になったことがわかった。1990年代半ば以降貯熱量の増加が加速していることもあらためてわかった。気象庁は、国内外の観測データを活用し海洋の貯熱量を推定している。  地球温暖化による増加した熱エネルギーは、大気よりも海洋が多くを吸収し、約90%は海洋に取り込まれている。海洋が蓄積した熱エネルギーは、熱湯の上の空気が暖かくなるように、じわじわ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る