【アメリカ】約150社CEO、連邦上院に銃規制強化を要請。身元チェックや警告法制定

Facebook Twitter Google+

 米企業約150社CEOは9月12日、米上院議員に対し、銃販売時の身元チェックや、警察から家族等からの要請により特定の人物に対する銃所持禁止を裁判所が命じることができる「警告法(レッド・フラッグ法)」を制定するよう要請する共同書簡を送付した。米国では過去数ヶ月、銃による殺傷事件が複数発生しており、CEOが共同で銃規制強化要請に動いた。  今回の共同書簡に参加したCEOは、GAP、リーバイ・ストラウス、ブルームバーグ、ベインキャピタル、 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ウォルマート、拳銃と一部弾丸の販売禁止。販売シェア減を容認し店内安全性確保を優先

Facebook Twitter Google+

 小売世界大手米ウォルマートは9月3日、同社店舗でのショートバレルライフル(銃身の長さが16インチ未満または全長が26インチ未満)や拳銃の弾丸販売を、在庫分がなくなりしだい停止すると発表した。また、拳銃の販売を唯一続けていたアラスカ州での販売も禁止すると発表した。  今回の声明は、同社のダグ・マクミロンCEOから従業員に対する説明レターという形で公表。同社は、テキサス州エルパソで8月3日に発生した銃乱射事件以降も、同店舗での銃及び銃弾 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ウォルマート、エルパソ銃乱射事件後に銃関連広告の店内掲載を停止。銃販売は継続

Facebook Twitter Google+

 米ニューメキシコ州・エルパソのウォルマート敷地内で8月3日、銃乱射事件が発生。22人が死亡し、24人が負傷。銃乱射事件での死亡者数は全米史上過去3番目となった。ニューメキシコ州は、銃携帯規制が非常に緩く、拳銃も長銃も屋外での携帯が合法。ウォルマートは同日、声明を出し、犠牲者、地域社会、従業員、目撃者に対し哀悼の意を表し、法令遵守に取り組むという短いコメントを発表した。  その後ウォルマートは、店舗に対し、銃撃シューティング・ゲームの [...]

» 続きを読む

【ニュージーランド】モスク銃撃事件を受け、政府は銃規制強化表明。SNS広告の掲載中止も相次ぐ

Facebook Twitter Google+

 ニュージーランド・クライストチャーチで3月15日、2カ所のモスク内外で男が銃を乱射し。50人が死亡、50人以上が重軽傷を負った。同日、白人至上主義者とみられる28歳のオーストラリア人男性が容疑者として逮捕された。これを受け、同国のジャシンダ・アーダーン首相は3月21日、自動小銃や攻撃ライフ等の殺傷力の高い銃の販売と所持を禁止する法律を4月11日までに施行する考えを表明した。また、フェイブック等のSNS企業にも影響が出ている。  狩猟 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る