【アメリカ】スターバックス、マイクロソフトら大手企業17社、若者10万人の就労支援へ

Facebook Twitter Google+

 マイクロソフト、スターバックス、ウォルマートら米国を代表する大手企業ら17社は7月13日、 米国の若年層の就労支援を目的とする共同イニシアチブ、"100,000 Opportunities Initiative"の設立を発表した。就労や教育機会へのアクセスに障壁を抱えている16~24歳までの若年層を対象として、インターンシップやトレーニングプログラム、パートタイム、フルタイムの仕事などを通じて2018年までに少なくとも10万人の若者 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る