【アメリカ】通信大手、新型コロナ対策で、中小企業と個人のネット通信負担軽減。ライフライン確保

Facebook Twitter Google+

 米政府の連邦通信委員会(FCC)は3月13日、新型コロナウイルスへの対応として、全米の通信・通話会社に対し、今後60日間、個人と中小企業の通信・通話を確保する特別措置を講じることを求める声明を発表した。外出を控える生活の中でのライフラインとなるインターネットや通話を確保する。  FCCの声明では、具体的には、今後60日間、中小企業及び個人の支払遅延金を免除するとともに、Wifiスポットの開放するよう求めるもの。さらに回線容量の確保も [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る