【国際】MS&AD、東大と芝浦工大と将来洪水リスク解析結果発表。気候変動影響がすでに発生

Facebook Twitter Google+

 MS&ADインシュアランス グループ ホールディングスは7月21日、傘下のMS&ADインターリスク総研と、芝浦工業大学工学部土木工学科平林由希子教授と東京大学生産技術研究所山崎大准教授らの研究グループと共同で、グローバルでの将来の洪水リスク分析の研究成果を発表。今後、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のプロジェクトとして、データの実用化に向けた研究を加速させると表明した。  今回の研究プロジェクト「グロー [...]

» 続きを読む

private 【日本】MS&AD、石炭火力新設への損保引受全面禁止。但し「今後計画される発電所」

Facebook Twitter Google+

 MS&AD&インシュアランスグループホールディングスは6月25日、気候変動対策として、石炭火力発電所新設に対する損害保険引受を全面的に禁止する方針を発表した。同社は2020年9月、損害保険引受では「当該国のエネルギー安定供給に必要不可欠な場合等については、慎重に検討のうえ、対応する」との留保をつけていたが、わずか8か月後に留保条件を撤廃し全面禁止に転じた。 【参考】【日本】MS&AD、石炭火力への損保・投融資を原則禁止。損保大手3社 [...]

» 続きを読む

private 【日本】MS&AD、石炭火力への損保・投融資を原則禁止。損保大手3社出揃う。実効性は方針運用に焦点

Facebook Twitter Google+

 MS&AD&インシュアランスグループホールディングスは9月30日、気候変動対策として、石炭火力発電所に対する損害保険引受・投融資を原則として行わない方針を発表した。但し、損害保険引受については「当該国のエネルギー安定供給に必要不可欠な場合等については、慎重に検討のうえ、対応する」ことがあると留保をつけた。  日本の損害保険大手の気候変動対策は、海外の大手企業に比べ非常に対応が遅い状況が続いていた。それが9月に入り、SOMPOホールデ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る