private 【EU】欧州化学物質庁、高懸念物質の情報登録プラットフォーム・リリース。2021年1月5日時点の報告義務

Facebook Twitter Google+

 EUの欧州化学物質庁(ECHA)は10月28日、高懸念物質(SVHC)に関するデータ提出用のプラットフォーム「SCIP Database」をリリースした。EUの廃棄物フレームワーク指令は、企業に対し、2021年1月5日時点のSVHCデータを提出することを義務付けている。また、消費者や廃棄物事業者は2021年2月から同データベースで情報の閲覧が可能となる。  EUでは、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】花王、北里大学、EME、新型コロナの感染力弱めるVHH抗体の人工生産に成功

Facebook Twitter Google+

 北里大学、Epsilon Molecular Engineering(EME)、花王の研究グループは5月7日、新型コロナウイルスがヒト細胞に侵入する際の受容体に結合し、感染能を抑制するVHH抗体の人工生産に成功したと発表した。  VHH抗体は、アルパカ等のラクダ科動物由来の抗体。一般的な抗体と比較して10分の1の大きさで、高い安定性や微生物による低コスト生産が可能なことから近年注目を集めている。  今回の研究では、VHH抗体をハイス [...]

» 続きを読む

【EU】欧州化学機関ECHA、フルオランテン等6物質をSVHC候補物質リストに追加

Facebook Twitter Google+

 EUの専門機関の一つ、欧州化学機関(ECHA)の加盟国委員会(MSC)は1月19日、2,2-ビス(4'-ヒドロキシフェニル)-4-メチルペンタン等6物質を、REACH規則の対象となる高懸念物質(SVHCs)候補物質リスト(Candidate List)に追加した。  今回、候補物質リスト入りしたのは、 2,2-ビス(4'-ヒドロキシフェニル)-4-メチルペンタン:生殖毒性 ベンゾ[k]フルオランテン:発がん性、難分解性・生体蓄積性・ [...]

» 続きを読む

【EU】欧州化学機関(ECHA)、ビスフェノールAとPFHxSをSVHC候補物質リストに追加

Facebook Twitter Google+

 EUの専門機関の一つ、欧州化学機関(ECHA)の加盟国委員会(MSC)は6月16日、主に食品用の容器等の原料に使用されているビスフェノールA(BPA)を、REACH規則の対象となる高懸念物質(SVHCs)候補物質リスト(Candidate List)に追加した。ビスフェノールAはすでに、生殖障害作用の可能性があると高懸念物質候補リスト入りしていたが、今回フランス政府が「内分泌攪乱作用がある」と提案し、加盟国が全会一致で同意した。こ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る