【イギリス】ウェイトローズ、F1技術活用の冷却棚省エネ器具設置。CO2排出量を25%削減

Facebook Twitter Google+

 英小売大手ウェイトローズが英Wirth Research(WR)の製品「EcoBlade」を活用し、店舗の冷却棚での電気使用量を大幅に削減する見込みであることが2月18日、明らかとなった。二酸化炭素排出量を最大25%削減できる。  同装置は、F1のレーシングカーに使われている流体力学を応用したもので、リサイクル可能なプラスチックでできている。このプラスチックを冷却棚の手元の端に据付けることで、冷風を効率良く活用できる。同時に、冷風が [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る