Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【6/3東京・セミナー】企業はESGと財務のパフォーマンスをいかに両立していくことができるか? 投資家への新たな機会 2016/05/17 行動する

performance

 このたびブルームバーグでは、ソーシャルインパクト・リサーチとの共催で「企業はESGと財務のパフォーマンスをいかに両立していくことができるのか? 投資家に提供する新しい投資機会」と題したカンファレンスを開催する運びとなりました。

 国際的にESG投資のメインストリーム化が進展する中、日本の上場企業には、ESGと財務の両方のパフォーマンスを高めていくことが求められています。
そこで今回のカンファレンスでは、講演とパネルデイスカッションを通じて、多くの企業が抱える課題について理解を深める機会にしていただきたいと考えております。

 ご多用の折、大変恐縮ですが、万障お繰り合わせの上、ご出席くださいますよう、お願い申し上げます。

日時:2016年6月3日(金) 16:00 〜 18:00

会場:ブルームバーグ 東京オフィス

プログラム:

・基調講演 「ESG投資に関する世界的な動向と将来に向けた課題」
  東京大学 特任准教授 鎗目 雅 氏

・ビデオ対談「米国初のソーシャルインパクトボンド(SIB)の実験と結果」
  Domini Social Investments ESG主席アナリスト 山口 絵理 氏
  ブルームバーグ ESGデータアナリスト鈴木 英樹

・講演I 「社会的価値がもたらす企業価値向上~投資家の新たな投資機会の創出」
  ソーシャルインパクト・リサーチ 代表パートナー 熊沢 拓

・講演II 「ブルームバーグでみるESG分析」
  ブルームバーグ マーケット・スペシャリスト株式担当 佐藤 円裕

・パネルディスカッション「ESG要因をどのように特定していくべきなのか?
 ESGと財務の両方のパフォーマンス高めていく方法、ステークホルダーに対してどうコミュニケーションをとるべきなのか?」
  伊藤園 常務執行役員CSR推進部長笹谷 秀光 氏
  ユーグレナ 取締役経営戦略部長 永田 暁彦 氏
  他一名予定(順序不同)

お申込み方法:
必要事項(会社名、部署名、役職名、氏名、電話番号、メールアドレス)をご記入の上、Eメール、またはFAXにてブルームバーグ グローバル・イベントチーム宛にお送りください。

FAX:03-3201-7391
Eメール: jpseminar@bloomberg.net

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る