【8/23@千葉 シンポジウム】再生可能エネルギー100%の社会の実現に向けて-日本のマルチステークホルダーの取り組み- 2018/07/23 行動する

 外務省、環境省、イクレイ日本、CAN-Japan、日本気候リーダーズパートナーシップ(Japan-CLP)の共催にて、シンポジウム「再生可能エネルギー100%の社会の実現に向けて -日本のマルチステークホルダーの取り組み-」が開催されます。

 本シンポジウムでは、企業、自治体、大学、省庁など、様々な立場で再エネ100%に取り組む団体が集い、宣言までの経緯や、当事者による再エネ普及加速への取り組み、相互連携の必要性について、多様な視点で議論を交わされます。

【開催概要】
・日時:8月23日(木) 13:00〜16:30(開場12:30)
・会場:千葉商科大学 7号館702教室(千葉県市川市国府台1-3-1)
 ・JR総武線「市川駅」下車 徒歩約20分
 [バス利用の場合、京成バス1番乗り場より松戸駅行または松戸営業所行に乗車、「和洋女子大前」下車、徒歩3分]
 ・京成線 「国府台駅」下車 徒歩約10分

【プログラム概要】
・開会挨拶   中根一幸 外務副大臣
・歓迎の挨拶  原科幸彦 千葉商科大学学長
・基調講演   (調整中)
・パネル討論①「再生可能エネルギー100%宣言の国内外の動向の最前線」
・パネル討論②「エネルギー転換の加速に向けて」
・閉会挨拶   環境省(調整中) 

【登壇予定者】
・石垣 友明  外務省 国際協力局気候変動課 課長
・磯野 久美子 自然電力グループ コーポレートサービス統括部門 責任者
・大倉 紀彰  横浜市 温暖化対策統括本部企画調整部 担当部長
・小山 勝弘  大和ハウス工業株式会社 環境部長
・中島 恵理  長野県 副知事
・原科 幸彦  千葉商科大学 学長
・三宅 香   イオン株式会社 執行役 環境・社会貢献・PR・IR担当
・ラッセ・ブルーン  CANインターナショナル エネルギー転換担当代表
・ワエル・フマイデン CANインターナショナル代表
・その他海外ゲスト  (調整中)

【申込】無料 https://go100re.jp/1125

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る