【国際】グローバル・ウィットネス、資源採掘企業の腐敗・租税回避監視ハンドブック発表 2018/08/13 最新ニュース

 国際NGOグローバル・ウィットネスは8月9日、資源採掘企業による腐敗や租税回避の状況をまとめたハンドブック「Finding The Missing Millions」を発表した。資源採掘国の政府高官への賄賂により、現地国は適切な政府歳入を得られず、結果的に現地市民の経済成長を妨げているという。

 資源国は、資源採掘企業から様々な手法で経済的利益を得ている。その中には、資源売上の一部を得るフィー、契約ボーナス、ロイヤリティ、税、生産権(Production Entitlements)等がある。しかし、企業は各々の支払いを少なくするため、政府高官に関する賄賂等の腐敗行為が発生している。腐敗行為に関しては、世界的に腐敗防止に関する法律が制定されているものの、根強く行われている。

 今回のハンドブックでは、第三者が腐敗や租税回避の有無をチェックする項目として、10項目を整理。具体的な契約文書や決算文書の中で、チェックする項目を明確にすることで監視の目を強化したい考え。ハンドブックでは、具体的な発覚した例を多数挙げ、効果的な告発を実現しようとしている。

【参照ページ】GLOBAL WITNESS LAUNCHES FINDING THE MISSING MILLIONS – A NEW TOOL FOR EXPOSING CORRUPTION IN THE EXTRACTIVE INDUSTRIES

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る