【アメリカ】エジソン電気協会、電力会社向けのESG情報開示フォーマット作成。業界横断比較を可能に 2018/08/31 最新ニュース

 米電力会社業界団体のエジソン電気協会(EEI)は8月27日、米業界企業向けにESG情報開示フォーマットを発行した。エジソン電気協会は、米国の全民間電力会社が加盟する組織。海外の電力会社90社も国際会員として加盟している。

 エジソン電気協会は、電力各社のESGデータを投資家が横断比較できるよう、今回情報開示フォーマットを作成した。作成に当たっては、金融市場関係者や電力会社関係者を集めたワーキンググループを組成。素案は2017年12月に発表されていた。

 テンプレートでは、電源構成、二酸化炭素排出量、設備投資、資源等の定量情報や、コーポレートガバナンスや戦略に関する定性情報まで、業界特有の情報項目を幅広くカバーした。

 今回の初版発行に参加した企業は、数週間以内に2017年データの開示を、同フォーマットを用いて行うことになっている。

【参照ページ】EEI LAUNCHES INDUSTRY-WIDE ENVIRONMENTAL, SOCIAL, GOVERNANCE, AND SUSTAINABILITY REPORTING TEMPLATE

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る