【国際】世界銀行とコモンウェルス銀行、セカンダリー市場でも債券でのブロックチェーン管理に成功 2019/05/21 最新ニュース

 世界銀行グループの国際復興開発銀行(IBRD)と豪コモンウェルス銀行は5月15日、2018年8月に発行したブロックチェーン技術を用いて管理できる世界初の債券「bond-i」について、セカンダリー市場でもブロックチェーン技術を用いてディールすることに成功したと発表した。

【参考】【国際】世界銀行、ブロックチェーンを活用した債券発行発表。分散型台帳で債権管理(2018年8月13日)

 2018年8月に発行したbond-iは、ブロックチェーン技術をコモンウェルス銀行が開発し、唯一のアレンジャーも務めた。同債券は、分散台帳を用いて債券発行、分配、移転、管理等を行っている。今回、セカンダリー市場でも同様のコンセプトを実現させた。

【参照ページ】World Bank and CBA Partner to enable Secondary Bond Trading recorded on Blockchain

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る