【アメリカ】J&J、オピオイド危機でオクラホマ州地裁から610億円の制裁金。不服とし控訴の構え

Facebook Twitter Google+

 オクラホマ州地方裁判所は8月26日、ジョンソン・エンド・ジョンソンに対し、医療用麻薬「オピオイド」中毒蔓延の責任で、5億7,200万米ドル(約610億円)の民事制裁金を科す判決を受けた。原告はオクラホマ州政府で、最高170億米ドルの制裁金を要求していたが、要求額より非常に少ない金額となった。しかし、ジョンソン・エンド・ジョンソンは判決を不服とし、控訴する方針。  「オピオイド危機」と呼ばれるオピオイド薬中毒蔓延では、大手のパーデュー [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る