【アメリカ】J&J、オピオイド危機でオクラホマ州地裁から610億円の制裁金。不服とし控訴の構え 2019/09/02 最新ニュース

【アメリカ】J&J、オピオイド危機でオクラホマ州地裁から610億円の制裁金。不服とし控訴の構え 1

 オクラホマ州地方裁判所は8月26日、ジョンソン・エンド・ジョンソンに対し、医療用麻薬「オピオイド」中毒蔓延の責任で、5億7,200万米ドル(約610億円)の民事制裁金を科す判決を受けた。原告はオクラホマ州政府で、最高170億米ドルの制裁金を要求していたが、要求額より非常に少ない金額となった。しかし、ジョンソン・エンド・ジョンソンは判決を不服とし、控訴する方針。

 「オピオイド危機」と呼ばれるオピオイド薬中毒蔓延では、大手のパーデュー・ファーマとイスラエルのジェネリック大手テバファーマスーティカルを被告とした裁判を実施。すでにパーデュー・ファーマとは、2億7,000万米ドル、テバファーマスーティカルとは8,500万米ドルで和解していた。ジョンソン・エンド・ジョンソンは、同社のオピオイド薬「DURAGESIC」「NUCYNTA」「NUCYNTA ER」のオクラホマ州での市場シェアが、合わせても1%未満しかないことから、蔓延の責任はないとしていたが、責任があると判断された。

 また同社は、販売していたオピオイド薬が連邦政府及び州政府により認可されている点もあげ、法的責任を否定。しかし、同裁判所は、リスクを矮小化したマーケティングを展開していたと判断した。

【参考】【アメリカ】オピオイド系薬剤の過剰処方や乱用で33,000人以上が死亡。諮問委員会報告(2017年12月2日)

【参照ページ】Johnson & Johnson To Appeal Flawed Opioid Judgment in Oklahoma

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る