【バハマ】ハリケーン・ドリアン、バハマ諸島直撃。7m以上の高潮も。被害額7500億円以上

Facebook Twitter Google+

 ハリケーン・レベル最大「カテゴリー5」の「ドリアン」は9月1日と2日、バハマ諸島を直撃。風速最大秒速54m。風雨や洪水により、死者43人、自宅を失った人数7万人という甚大な被害を出した。  同ハリケーンは、場所により約7mの高潮を経験。多くの被害で床上浸水を引き起こした上、風により家屋等の倒壊が数多く発生した。災害リスク算定のKaren Clark and Companyによると、同国での被害額は70億米ドル(約7,500億円)。同 [...]

» 続きを読む

【国際】2017年の自然災害・人災保険補償経済損失は約15兆円。スイス再保険のシグマ調査

Facebook Twitter Google+

 保険世界大手スイス再保険は12月20日、同社の機関誌「シグマ」で毎年公表する「シグマ調査」の概算によると、2017年の自然災害および人災による経済損失総額は3,060億米ドル(約35兆円)となり、昨年の1,880億米ドルを大きく上回る見通しとなった。また、経済損失のうち保険業界によって補償された金額は1,360億米ドル(約15兆円)の見通し。1970年の調査以来3番目に大きい損失額で、過去10年の平均(580億米ドル)を大きく上回っ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】超巨大ハリケーン・ハービー、テキサス州沿岸部の風力発電所は全て被害なし

Facebook Twitter Google+

 8月後半に米国テキサス州を襲った超大型ハリケーン・ハービー。テキサス州は米国有数の陸上風力発電所が集積する地域であり、超大型ハリケーンに対する耐久性が試される場となったが、結果的に沿岸部の風力発電所は全て無事だった。  ハリケーン・ハービーは、中心気圧938hPa、最大風速58mの状態で、8月25日にテキサス州に上陸。米国でのハリケーンの分類上、2番目に強い「カテゴリー4」の勢力を誇った。「カテゴリー4」のハリケーンが米国に上陸した [...]

» 続きを読む

【アメリカ】米国グリーンビルディング協会、災害復旧復興基準策定を目指すSDRCに創設メンバーとして参加

Facebook Twitter Google+

 米国グリーンビル協会(USGBC)は2月18日、2016年に設立された米「持続可能な災害対応協会(SDRC)」の創立メンバーとして参加すると発表した。USGBCは、世界的に普及しているグリーンビルディング認証である「LEED」を創設、管理している協会で、グリーンビルディング業界で大きな存在感がある。一方、SDRCは、災害時の復旧・復興活動においてサステナビリティの観点を重視することを目的とした協会で、物件所有者や復旧・復興サービスプ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る