private 【イギリス】FTSE350採用企業、女性取締役が3分の1に到達。政策目標を期限内に達成

Facebook Twitter Google+

 英ビジネス・エネルギー・産業戦略省は9月22日、英国を代表する株式指数「FTSE350」採用企業の取締役の3分の1を女性するという目標を初めて達成したと発表した。英国では、政府調査報告書「ハンプトン・アレクサンダー・レビュー」の中で、2020年末までにFTSE350企業の女性取締役比率を33%以上に引き上げることを政策目標としていたが、ついに達成した形となった。 【参考】【イギリス】FTSE100企業において女性取締役の割合33%達 [...]

» 続きを読む

private 【イギリス】運用業界団体IA、FTSE350採用69社に女性取締役増加を要請。会社型投資信託でも

Facebook Twitter Google+

 英投資運用業界団体Investment Association(IA)と英政府系の独立調査委員会「ハンプトン・アレクサンダー・レビュー(Hampton-Alexander Review)」は3月15日、FTSE350採用企業のうち69社に対し、取締役会での女性割合への懸念を伝える書簡を共同で送付した。ハンプトン・アレクサンダー・レビューは、2020年までに取締役の3分の1を女性にする目標を設定しているが、書簡を送付された企業は女性取 [...]

» 続きを読む

【イギリス】政府、ハンプトン・アレクサンダー・レビュー2018発表。女性取締役・経営陣ダイバーシティ

Facebook Twitter Google+

 英ビジネス・エネルギー・産業戦略省と政府平等室は11月13日、英大手企業の女性取締役・経営陣ダイバーシティに関する調査報告書「ハンプトン・アレクサンダー・レビュー(Hampton-Alexander Review)2018」を発表した。同レポートは、英「FTSE350」採用350社を対象としたもので、2016年に初発表後、3年連続で発表されている。今年の報告書でも、女性の取締役や経営陣をさらに増やすべきとした。  ハンプトン・アレク [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る