【日本】ムーミン、DHCとのコラボ中止。会長の差別発言が理由。人権侵害には厳しく対応

Facebook Twitter Google+

 ムーミンの版権を管理しているフィンランドのムーミンキャラクターズは8月24日、差別等の人権侵害に関する審査を厳しく実施し、判明した時点で速やかに契約更新停止や生産終了の対応をとると表明した。背景には、コラボしていたDHCでの差別表現があった。 【参考】【日本】人権NGO13団体、DHCの「ヤケクソくじについて」を誹謗中傷と批判。ページ削除を要求(2020年12月29日)  ムーミンキャラクターズは同日、ハフポスト日本版の取材に対し、 [...]

» 続きを読む

【日本】人権NGO13団体、DHCの「ヤケクソくじについて」を誹謗中傷と批判。ページ削除を要求

Facebook Twitter Google+

 人権NGOヒューマンライツ・ナウ(HRN)を含む13団体は12月23日、DHCがホームページにに掲載した同社会長名の文書に含まれる差別助長の文章に、ヘイトスピーチ的表現があるとして抗議文を送付したと発表した。  今回の文書は、同社のウェブページ「ヤケクソくじについて」に関するもの。「サントリーのCMに起用されているタレントはどういうわけかほぼ全員が小コリアン系の日本人です。そのためネットではチョントリーと揶揄されているようです。DH [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る