private 【国際】シンクタンク連合Climate Transparency、G20諸国の気候変動政策を分析。日本は課題多い

Facebook Twitter Google+

 G20の政府系シンクタンクのネットワーク組織「Climate Transparency」は11月11日、G20諸国の気候変動緩和と気候変動適応、気候ファイナンスの状況を詳細に分析した2019年版レポートを発表した。G20諸国での二酸化炭素排出量は増加傾向にあり、気温上昇を1.5℃に抑えることは技術的には道筋が立っているにもかかわらず、それを後押しする経済政策を打ていないと指摘した。  1次エネルギーに占める化石燃料の割合は、G20全 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る