【国際】医薬品アクセス財団、新型コロナでHIV・マラリア・結核治療の遅延に警鐘。死者数増加の予測

Facebook Twitter Google+

 国際医薬品アクセス向上NGOの医薬品アクセス財団(Access to Medicine Foundation)は6月9日、小児HIV・マラリア・結核対策進捗レポートを発表。新型コロナウイルス・パンデミックに伴う医療崩壊で、小児HIV・マラリア・結核治療への取り組みに遅れが生じていると指摘した。  HIV・マラリア・結核は、特に低・中所得国において子どもの感染リスクが高い三大感染症。これまで長きに渡り、国際的な取り組みがなされてきたた [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る