【ブラジル】1年間のアマゾン森林消失面積が過去10年間で最大。違法経済活動が原因

Facebook Twitter Google+

 ブラジル国立宇宙研究所(INPE)は11月18に日、ブラジル領アマゾン地域9州の森林消失面積の推計結果を発表した。森林消失面積は、2018年7月の7,536km2から2019年7月には9,762km2へと29.54%拡大し、過去10年間で最大規模となった。  INPEは、衛星による法定アマゾン森林伐採監視プロジェクト(PRODES)を実施し、衛星から森林消失面積を解析。同データがブラジル政府の公式統計となっている。観測衛星では、米国 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る