【国際】UNGCとPRME、ビジネススクールにSDGs観点の導入を提唱。世界38校が主導

Facebook Twitter Google+

 国連グローバル・コンパクト(UNGC)とビジネススクール対象の国連責任経営教育原則(PRME)は1月23日、世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)の夕食会で、世界のトップビジネススクールに対し、ビジネスやマネジメントの教育の中に国連持続可能な開発目標(SDGs)やサステナビリティ概念を導入することを求めた。PRMEは2007年発足。すでに世界300校近くが署名している。  夕食会にはビジネススクールの学長や企業経営者が約 [...]

» 続きを読む

【イギリス】ビジネススクール、MBA学生を惹きつける鍵はサステナビリティ

Facebook Twitter Google+

 今、将来のビジネスリーダー育成を担う世界のビジネススクールでは、「サステナビリティ」が優秀な学生を惹きつける鍵となりつつある。英紙ガーディアンは先日、"Sustainability now key selling point for business schools attracting students"という記事の中でビジネススクールにおけるサステナビリティについての教育の現状を分析した記事を掲載している。  同記事内で紹介され [...]

» 続きを読む

【アメリカ】世界のMBA学生ら、企業の社会的価値に関する国際プレゼンコンテストで競い合う

Facebook Twitter Google+

 世界中のMBA学生らが企業の経済的利益と社会的利益の両立に関するプレゼンテーションを競う国際コンテスト、2015 Business & Society International MBA Case Competitionが3月20日から始まっている。  25の一流ビジネススクールに所属するMBA学生らが優勝の栄誉と総額3万米ドル超の賞金をかけて競い合う。アスペン研究所が主催するこのコンテストでは、参加学生らはイェール大学マネジメント [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る