【アメリカ】議決権行使助言ISS、ESG評価独oekom researchを買収。新社名ISS-oekom

Facebook Twitter Google+

 議決権行使助言大手米ISSは3月15日、独ESG評価oekom researchを買収したと発表した。oekom researchは、1993年設立で本社はミュンヘン。欧州の機関投資家を中心に180機関以上にESGデータを提供している。ISSグループ傘下に入った後は社名を「ISS-oekom」に変更する。世界的にESG投資が旺盛になる中、ESG関連企業や既存の金融サービス提供会社の再編が進んできている。  oekom researc [...]

» 続きを読む

【日本】東京都、初のグリーンボンド発行。5年債100億円、30年債50億円、豪ドル建100億円

Facebook Twitter Google+

 東京都は10月20日、機関投資家向けの「東京都グリーンボンド(機関投資家向け)」の発行条件を決定した。また10月26日、個人向け外貨建ての「東京都グリーンボンド(外貨)」の発行額を決定した。  東京都グリーンボンド(機関投資家向け)は円建て5年債と円建て30年債の2種類。まず、5年債は発行額100億円で表面利回りは0.02%。一方、30年債は発行額50億円で表面利回りは0.982%。双方とも今年10月31日に発行される。格付はS&P [...]

» 続きを読む

【国際】ESG評価機関ドイツoekom、ESG評価状況の報告書発表。各業界3位以内に入った日本企業4社

Facebook Twitter Google+

 ドイツESG評価期間大手oekom researchは4月5日、世界全体の企業のサステナビリティ報告に関する状況をまとめた報告書「コーポレート・レスポンシビリティ・レビュー」の2017年版を発表した。同社は2009年から同報告書を発表しており今年が9回目。oekom researchはドイツのESG評価機関として最大手。1993年に設立後、現在はオランダ、フランスの他、昨年には英国ロンドンと米国ニューヨークにもオフィスを開設した。 [...]

» 続きを読む

【8/27・東京 セミナー】oekomにおけるESG評価と投資家における活用

Facebook Twitter Google+

世界のESG評価機関による特別セミナー第2弾oekomにおけるESG評価と投資家における活用 世界のESG評価機関と企業のESG担当者のコミュニケーションの場として企画する特別セミナー第二弾。 今回はドイツからoekom researchをお招きし、企業との直接対話の場を企画いたしました。oekom researchは1993年からESG投資の市場形成に貢献してきました。 oekomの企業評価の詳細に加え、彼らのデータを活用する投資家 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る