【オーストラリア】南オーストラリア州、州政府運営電力を100%調達する太陽熱発電所建設を決定

Facebook Twitter Google+

   南オーストラリア州政府は8月14日、州政府の運営に必要な電力全てを調達する大規模太陽熱発電所「ポートオーガスタ太陽熱発電所」からの電力購入契約(PPA)を締結したと発表した。契約期間は20年間。州政府はMWh当たり最大78豪ドル支払う。同発電所を運営するのは、米カリフォルニア州に本社を置く再生可能エネルギー大手Solar Reserve。発電所建設は2018年から開始し、稼働開始は2020年を予定。設備容量は150MWで、州政府 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る