【国際】Carbon Clear、英仏西企業の気候変動対応報告ランキング2017発表。首位マークス&スペンサー 2017/10/11 最新ニュース

 英気候変動対応コンサルティングCarbon Clearは9月26日、企業の気候変動対応報告ランキング「Sustainability Reporting Performance」の2017年結果を発表した。同ランキングは7年前に英株式指数「FTSE100」採用企業を対象に開始。昨年からはスペイン・マドリード証券取引所「IBEX35」採用企業、今年からはフランスのユーロネクスト・パリ「CAC40」採用企業も対象に加わった。

 2017年度ランキングでは、3指数の全採用企業トップは、英マークス&スペンサー。

FTSE100

  1. マークス&スペンサー(小売)
  2. BT(旧ブリティッシュ・テレコム)(通信)
  3. ユニリーバ(消費財)
  4. キングフィッシャー(小売)

IBEX35

  1. アクシオナ(建設)
  2. テレフォニカ(通信)
  3. フェロビアル(建設)
  4. イベルドローラ(電力)

CAC40

  1. シュナイダーエレクトリック(電機)
  2. ユニボール・ロダムコ(不動産)
  3. ソルベー(化学)
  4. ヴェオリア・エンバイロメント(環境サービス)

【参照ページ】Taking Stock of Sustainability: The Sustainability Reporting Performance of the FTSE 100, IBEX 35 and CAC 40

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る