【国際】2018年のグリーンボンド発行は当初予測より減速。背景には債券市場全体の金利上昇 2018/08/17 最新ニュース

 信用格付世界大手米ムーディーズは8月14日、2018年の世界のグリーンボンド発行予想額を2,500億米ドル(約27兆円)から下方修正し、1,750億米ドル(約19兆円)から2,000億米ドル(約22兆円)の間とした。

 グリーンボンド発行が当初の予想より減速している理由は、外国為替のボラティリティが上昇していることによる金利上昇。債券発行全体が落ち込む煽りを受け、グリーンボンド発行額も減速してきている。

 一方でムーディーズは、中央政府が持続可能な開発分野への民間投資を刺激するため政策投資を進めるとし、グリーンボンド国債の発行は増えると見ている。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る