【国際】ISO、ITサービスマネジメント規格「ISO/IEC 20000シリーズ」を改訂 2018/09/26 最新ニュース

 国際標準化機構(ISO)は9月18日、ITサービスマネジメント規格「ISO/IEC 20000シリーズ」を改訂し、「ISO/IEC 20000シリーズ:2018」をリリースしたと発表した。ISO/IEC 20000シリーズは、ITサービスの提供者が、サービスの内容やリスクを明確にし、高い品質やサービスレベルを実現するためのマネジメント規格。

 ISO/IEC 20000シリーズの改訂は、ISO/IEC 20000-1とISO/IEC 20000-10の2つ。今回の改訂により、各パートの構成は、

  • Part 1:2018 – 要求事項
  • Part 2:2012 – 適用ガイダンス
  • Part 3:2012 – スコープ定義とPart-1適用可能性
  • Part 5:2013 – Part1の事例導入計画
  • Part 6:2017 – 監査・認証提供機関への要求事項
  • Part 7:開発中 -Part1とISO 9001:2015及びISO/IEC 27001:2013との統合・相関ガイダンス
  • Part 9:2015 – クラウドサービスへのPart1適用可能性ガイダンス
  • Part 10:2018 – コンセプトと語彙
  • Part 11:2015 – Part1とITILとの関係ガイダンス
  • Part 12:2016 – Part1とCMMI-SVCとの関係ガイダンス
  • Part 13:開発中 – Part1とCOBITとの関係ガイダンス

となった。

 ISO/IEC 20000シリーズの改訂作業は、ISOとIECの合同テクニカルイン回で実施された。

【参照ページ】The ISO/IEC’s service management system series gets an upgrade with key standards newly revised

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る