【アメリカ】カリフォルニア州上級裁、モンサント除草剤の発がん性を巡る裁判で賠償金を減額 2018/10/26 最新ニュース

 サンフランシスコ上級裁判所は10月22日、除草剤「ラウンドアップ」の製造元であるバイエルに対する陪審判決を行い、懲罰賠償金の金額を、2億5,000万米ドルから3,925万米ドルに減らす判断を下した。同裁判所は8月、バイエルに対し、モンサント製除草剤ががんの原因となったと判断し、モンサントを買収したバイエルに対し、補償金3,925万米ドルと懲罰賠償金2億5,000万米ドルの2億8,900万米ドル(約320億円)の賠償支払いを命ずた。しかしその後、バイエルは懲罰賠償金2億5,000万米ドル全額取り消しを求め、提訴していた。

【参考】【アメリカ】カリフォルニア州裁、モンサント除草剤の発がん性を認定。約320億円の賠償命令(2018年8月13日)

 同裁判所は今回、バイエルが求めた懲罰賠償金の全額取り消しは退けたが、賠償金と懲罰賠償金の比率は1対1である必要があるとし、懲罰賠償額を3,925万米ドルに減額した。理由は、バイエルのモンサント除草剤ががんの原因となったという確たる証拠がないため。一時は、判事は全額取り消しを行う可能性もありうるという観測も出ていたが、最終的に休業を強いられたことによる損害賠償額と同等の懲罰賠償は認めた。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る