【アメリカ】カリフォルニア州裁、モンサント除草剤の発がん性を認定。約320億円の賠償命令 2018/08/13 最新ニュース

 サンフランシスコ上級裁判所は8月10日、モンサント製除草剤ががんの原因となったと判断し、モンサントを買収したバイエルに対し2億8,900万米ドル(約320億円)の賠償支払いを命ずる一審判決を下した。原告は同州の学校用務員Dewayne Johnson氏。主力ブランド「ラウンドアップ」を含むグリホサート入り除草剤によってがんに疾患したと2016年に提訴した。バイエルは2018年6月、モンサントを買収し、吸収合併した。

 同裁判所の陪審員は、モンサントががんリスクを事前に知りながら、正しく認知させることを怠ったと判断した。賠償金のうち3,900万米が実際の損害の補填としての賠償、残り2億5,000万米ドルが懲罰的損害賠償。同裁判所は、原告の重い病状を考慮しわずか2年間というスピード裁判を実施した。バイエルは今回の判決を不服とし、控訴する構え。バイエルは現在、全米で5,000件以上同様の訴訟を抱えている。

 グリホサートについては、保険当局でも世界的に判断が分かれている。世界保健機関(WHO)は2015年に発がん性の可能性があると認定。一方、米環境保護庁(EPA)は2017年9月、発がん性はないと認定した。日本では厚生労働省が2017年12月、グリホサートの残留基準値を大幅に緩和し、以降10種類以上のグリホサート除草剤を農薬として許可している。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る