【4/15@東京 セミナー】投資家の森林マネジメント企業評価ツールSPOTTの最新動向 2019/03/27 行動する

 ESG投資の日本における進展と興隆は目覚ましいものがあり、機関投資家・企業の双方にかなり浸透してきたといえるでしょう。SusConでは投資家の判断材料として森林減少問題を巡る企業の取り組みを評価するオンラインツール「SPOTT」について、2018年4月に開発元のZSL(ロンドン動物学協会)担当者 との意見交換会を開催しましたが、今年も担当者が来日するのに合わせ、セミナーを開きます。昨年は英語のみでの実施でしたが、本年は逐次通訳方式でより多くの方にご参加いただけるようにいたしました。

 SPOTTは当初パーム油企業を評価対象として立ち上がりましたが、その後木材・紙パルプ業界にも同様の評価を実施し、今年は第3弾として天然ゴムについて評価の方法論開発に入ります。これまで以上に日本企業に関係するようになるSPOTTを、実施団体から直接話が聞ける貴重な機会です。

・開催日時:4月15日(月)14:30〜17:00
・開催場所:エッジインターナショナル セミナールーム 東京都港区赤坂7-1-1 青山安田ビル9階
・主催:一般社団法人SusCon

・プログラム(予定)

発表「SPOTT の最新動向」
ZSL SPOTT エンゲージメント・インパクトマネジャー Clara Melot
ソルボンヌ大学学士(マーケティング・広告専攻)、ロンドンスクールオブエコノミクス修士(環境政策)。 イギリスの環境NGO Client Earthで気候変動と森林プロジェクトに従事。SPOTTでは金融セクター・消費財メーカー・その他SPOTTユーザーグループとのエンゲージメントを担当。

コメント「機関投資家から見た SPOTT」
三井住友トラストアセットマネジメント シニアスチュワードシップオフィサー 川添誠司

登壇者ディスカッション
Clara Melot・川添誠司・SusCon 代表理事 粟野美佳子

質疑・参加者とのディスカッション

・言語:日本語・英語(逐次通訳付き)
・参加費:4,500円(税込み)※SusCon年間登録会員の方は3,500円(税込み)
・申し込み:こちら

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る